メニュー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・修得状況
【詳細設計】

【コーディング】
オンライン開発における「PL⇔BL」の役割を理解した上で、コードを書ける。


・所感
【業務全般】

【引継ぎ業務】
・罫線や文字の大きさなどのレイアウトの面でも、お客様に提示するドキュメントとして、
意識しなければならないと感じた。
・縦横の連携を適切なタイミングで行うことが重要であると感じている。

【】

・今後に向けた課題
■開発業務
①詳細設計
【課題】
プロトタイプありきの詳細設計書作成
【対策】
2本目は詳細設計書から始める

コーディング力強化
②コーディング
【課題】

【対策】

■開発外業務
③引継ぎ業務
【課題】
・成果物に対してのセルフチェックの甘さ
・相手の状況を考慮しての情報共有不足
【対策】
・チェックリストマニュアルの作成
・成果物と最終期限の紐付け

★損害保険料率規制
料率算出団体制度の改革とそれに伴う保険会社に使用義務のない参
考純率制度の導入の目的
競争の促進と経営資源の有効活用をとお
した効率性と収益性の向上,そしてその成果の利用者へ
★情報の不完全性

★市場効率性


プレゼンの流れ
SRSGの存在意義

これだけの保険会社が定めている

大数の法則を用いることで参考準率を定めている

なんで参考準率?健全化のためにだったら強制でいいのでは?

昔は、強制だった

金融ビッグバンの影響


論点整理と米国、カナダの動向-
http://www.sj-ri.co.jp/issue/quarterly/data/qt27-1.pdf#search='%E6%90%8D%E5%AE%B3%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%B8%82%E5%A0%B4+%E4%B8%A1%E7%AB%8B'
損害保険料率規制の転換
http://www.js-is.org/resources/h20/resume/h20hotta_r.pdf#search='%E6%90%8D%E5%AE%B3%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%B8%82%E5%A0%B4+%E4%B8%A1%E7%AB%8B'
損害保険料率規制の転換
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsis/2010/611/2010_611_61/_pdf
SRSGの業務
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutaku-kentiku.files/kashitanpo/dai2/kashitanposan2-3.pdf#search='%E6%90%8D%E5%AE%B3%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%B8%82%E5%A0%B4+%E6%96%99%E7%8E%87'
ワールドインシュアランスレポート
http://www.nl.capgemini.com/resource-file-access/resource/pdf/wir_2013_japanese.pdf#search='%E6%90%8D%E5%AE%B3%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%B8%82%E5%A0%B4+%E6%96%99%E7%8E%87'
21世紀の保険業の課題
http://www.sj-ri.co.jp/issue/quarterly/data/qt29-1.pdf#search='%E6%90%8D%E5%AE%B3%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E8%AA%B2%E9%A1%8C%E3%81%A8%E5%B1%95%E6%9C%9B'