アジャーエフ

ワシーリー・アジャーエフ(Васи́лий Никола́евич Ажа́ев、Vasily Nikolayevich Azhayev)

世界大百科事典、黒田辰男の記述

ソヴェトの作家。ウラル出身。1944年、ソヴェト作家同盟付属文学研究所を卒業、はじめ地方の文学雑誌、新聞などに短編やオーチェルクを発表していたが、1948年長編『モスクワを遠くはなれて』(1949年度スターリン賞散文作品1等)を出して一躍新進作家として認められた。この作品は、大祖国戦争の最中、1941年の秋と冬、極東における給油管建設を題材として、この地のきびしい自然の悪条件と闘いながら、3ヵ年でも困難とされたこの大建設をわずか1年で完成したソヴェト建設者たち、勤労集団の英雄的事業を描き、社会主義建設の課題のさまざまな方面を解明するとともに、ソヴェトの若い世代の新しい人間像を現実主義的にしめし、そn明るい心理とモラルを展開して、ソヴェト戦争文学の最大収穫の一つとされる。