亜アトラント期

亜アトラント期(ああとらんとき)

グランド現代百科事典、藤田至則の記述

地質時代で最も新しい新世代第四紀沖積世の最後の時期。約2500年前から現在までの間で、人類の歴史では弥生時代以降にあたる。Subatlanta。堆積物は海岸近くの低地の沖積層の最上部に分布していることが多い。軟弱地盤といわれる地層の多くは、この時代の堆積物である。縄文時代の終わりごろは、現在よりやや寒冷であったが、亜アトラント期には現在とほとんど同じ気候になった。