ああ、そはかの人か

ああ、そはかの人か(Ah, fors è lui che l'anima)

大日本百科事典、著者不明の記述

ベルディ作曲の歌劇『椿姫』のアリア。主役のビオレッタ(ソプラノ)がはじめて知ったアルフレッドへの恋心を歌うもので、後半の「花から花へ」に移ってからは、過去のむなしいはなやかさを自嘲し、第一幕の最後を飾る。