1.実写映画:スターシップ・トゥルーパーズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シリーズ概要

ロバート・A・ハインラインのSF小説「宇宙の戦士」をベースにしたSF戦争映画シリーズ。地球連邦軍率いる機動部隊と惑星クレンダスを母星とするバグ軍団の戦いが、1作目の監督ポール・バーホーベンのせいでコメディギリギリのちょっとやり過ぎなセンスで映像化されている。

原作の象徴的存在でありながら、1作目では予算の都合で出せず、2作目はさらに減った予算のせいで出すどころじゃなかったパワードスーツだが、時代とともにCG特撮の価格が大幅に下がったことにより、実写映画3作目にしてようやく作中に登場した。なお、CG映画であるクロニクルとインベイジョンでは普通に登場する。

クロニクルはパワードスーツをいち早く登場させ、他作品で登場しない原作の「やせっぽちども(スキニー)」も登場するなど、より原作に近い作風を目指して製作されたが、全編を当時高価だったCGで作るという無茶と視聴率の不振が影響し、最後の3話が製作されることなく打ち切られている。そのため、 最後に大逆転となる前の絶望的大ピンチの状態で鑑賞を終えざるを得ない ため、非常に後味が悪い。
なお、このシリーズは、DVDが「冥王星作戦」など作戦名しか表示されていない上、海外では発売の順番が放映順ではなかったこともあり、鑑賞の順番が非常に分かりにくいことで有名である(部室のものには通し番号を振ってある)。

キーパーソン