精読・解釈本について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長文=一文一文の集合体なので、その一文を正確に読む方法を学ぶのが精読・解釈。

時間があるなら全て和訳を書いて使用するのが望ましいが、そうでないならば和訳が思い浮かばない・構造が分からない文だけを和訳する。