作り方の基本

材料
甘味度0.2程度に調整した液体(参考:オレンジアイスバー)
作り方
  1. 材料を混ぜて十分に冷やす
  2. 必要であればアイスクリームメーカーにかける
  3. 型に入れて凍らせる

甘味度の調整

温度が下がると甘みを感じにくくなるため、その分だけ甘味度を上げなければならない。
ほとんどのジュースや果物の甘味度は0.1だが、アイスバーの場合は0.2は必要になる。
甘味度aのジュースに甘味度bの甘味料を加えて甘味度xにする場合、ジュースに対する砂糖の重量比yは
y=\frac{x-a}{b-x}
である。
甘味度0.1のジュースの甘味度を0.2にしたければ、ジュースの重量/8の砂糖を加えれば良い。
資料/成分/甘味度も参照すること。

アイスクリームメーカーの必要性

使わない
トッピングが浮き沈みしやすい・上下にムラが生じやすいという問題がある。
外側になめらかな層ができて、中はシャリシャリになる。
使う
若干柔らかめに仕上がる。
アイスクリームメーカーは数千円程度する。


揃える数

大抵の型は1本80ml程度。
1Lのジュースと缶詰1缶の果肉で作ると、20本は必要。
半分消費してから作るとしたら、30本は用意したい。

種類


トッピングの入れ方

市販のアイスバーのようにトッピングを入れようとしても、ただ単に入れるだけでは浮き沈みしてしまう。
もしトッピングを入れたい場合、次のような方法が考えられる。
少しずつ固めて入れていく
棒と蓋が一体になっている型はこの方法は使えない。
アイスクリームメーカーにかける
固め方が弱いと崩れやすくなる。
側面に貼り付ける
面積が小さいと貼りつかない。
寝かせて固められる型を使う
このタイプの型はあまり多くない。