概要

不溶性の材料や、溶かしたくない材料。
アクセントとして使う。
入れ過ぎに注意。
物にもよるが、果物以外は全重量の1/50程度が限度。
トッピングを入れても入れなくても甘味度が極端にならないように調整すること。(つまりトッピングの比率が甘味度によって制限される)

先に入れるもの

吸水させて良いものや、吸水させるべきもの。
どのタイプのアイスクリームメーカーでもきちんと混ざるので、沈むことを気にする必要はない。

柑橘類のピール

風味が増強される。

茶葉

風味が増強される。
煮出した後にすり鉢で粉砕する。
500gにつき2~4g程度が妥当で、多すぎても食感を損ねる。
これは500gのお茶を煮出す量よりも少ない。

後に入れるもの

吸水させてはいけないもの。
ほとんど固まった状態で入れる。
チョコチップなど。

食べる時にかけるもの

ソース類やリキュールなど。