※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

上から注ぎ込んで棒を差し込むタイプ

  • 同等のものが百均で売られており、最もコストが安い。
    • プラスチックの棒は1本25円程度。百均の型に付属する。
      • 32本買っても800円。~見つけ次第買い占めておきたい。
      • 型は重ねてストックできる。
      • 斜めに入ったり貫通したりしない。
      • 根元の部分が食べにくい。
      • 棒がみ爺ので、抜く時にアイスが折れてしまうことがある。
    • 木の棒は1本2~6円程度。
      • 使い捨てなのでコストパフォーマンスは悪い。
      • コーティングすれば再利用可能だが、コーティング剤は1000円程度する・定期的な再コーテイングが必要・コーティングが面倒といった欠点がある。
  • 垂直に入れる都合上、トッピングの浮き沈みや上下のムラが問題になる。~そのため、アイスクリームメーカーと併用するのが望ましい。

容器と型が一体になっているタイプ

  • 1本170円とやや高めであり、大量生産にも向かない。~30本で5397円もする。
  • 容器を寝かせて凍らせられるので、上下のムラやトッピングの浮き沈みの問題が生じない。
    • たまに回転させると良い。

上から注ぎ込んで棒を寝かせるタイプ

  • 棒は専用のものが必要であり、付属数も少ないので大量生産に向かない。
  • 容器を寝かせて凍らせられるので、上下のムラやトッピングの浮き沈みの問題が生じない。