蓄冷ポットを使うタイプ

原理
蓄冷ポットを冷凍庫で冷やし、外に出して撹拌させる。
価格
数千円程度
完成度
なめらか
インターバル
丸一日

利点

  • 安くて完成度が高い

欠点

  • 丸一日冷やす必要がある
  • 1日1回しか動かせない
  • 蓄冷ポットが大きい

備考

ソフトクリームメーカーもこれと同じ。

選び方としては、消費電力(≒出力)の大きさと容量を見る。
出力が上がればより強く撹拌できるが、よほどの粗悪品でなければ出力不足になることはない。
容量は材料だけで500ml、完成後1L程度は入るものが望ましい。
というのも、材料を使い切ることを前提にするとだいたい500ml×1~2程度になるためである。

該当するもの

  • DL-0272

冷凍庫で撹拌するタイプ

原理
冷凍庫にアイスクリームメーカーを入れ、撹拌させる。
価格
数千円程度
完成度
シャリシャリ
インターバル
4時間前後

利点

  • 材料の予冷をしなくても良い(した方が完成度は高まる)

欠点

  • 完成まで時間がかかる
  • 冷凍保存するとシャリシャリになる
  • 他の容器に移しているうちに側面から溶けてしまう
  • 電源がリチウム一次電池なので、コストパフォーマンスが悪い。
    • 単三電池等で動くものもあるが、電池持ちも出力も悪い。

備考

作ったらすぐ食べきるくらいの用途にしか向かない。
アイスバーしか作らないなら、これでも良いだろう。

該当するもの

  • BH-941 (生産終了)
  • BH-941P

業務用に近いタイプ

単体で蓄冷ポットを冷却できるタイプ。

利点

  • 短時間で大量に作れる
  • 冷凍庫を使わない

欠点

  • 価格が非常に高い(数万円)

備考

完成度は蓄冷ポットを使うタイプと変わらないので、短時間で大量に作る必要がなければ買うメリットはない。