主な保存方法

方法 1つの容器にまとめる 1食分に小分けする アイスバーにする
ヒートショックの起こりにくさ ★★★ ★★
保存時の手間のかかりにくさ ★★★ ★★
食べる時の手間のかかりにくさ ★★ ★★★
省スペース性 ★★ ★★★
初期コスト/L 約100円 約500円 約400円
推奨 アイスクリーム 何でも ジェラート・シャーベット

1つの容器にまとめる

最もコストがかからず、保存するのが簡単。
取り分けする時に少なからず解凍されるので、少しずつ劣化していく。
アイスが硬いほど掬いにくい。
取り分けた後は温度が高めになるので、最適な温度で食べられる。
保存方法
  1. 容器に詰める。
  2. 冷凍庫に入れる。
取り分け方法
  1. 冷凍庫から出す。
  2. 必要な分だけディッシャー等で取り分ける。
  3. 冷凍庫にしまう。

1食分に小分けする

アイスの硬さに依存しない。
容器は150ml程度のものが良いだろう。
ちなみに、市販のアイスの1食分は概ね以下の通りである。
80ml 標準的なアイスバー 高密度なのでかなり重い。
120ml ハーゲンダッツ アイスバーほどではないが高密度なので重い。
200ml スーパーカップ 低密度なので軽いが、ハーゲンダッツより重い。
食べやすさでは丸型、省スペース性では角型が良い。
初期コストはややかかるが、最適な容器を見つけられればおすすめ。
保存方法
  1. 容器に詰める。
  2. 冷凍庫に入れる。
取り分け方法
  1. 冷凍庫から出す。

アイスバーにする

硬いアイスや大型のトッピングを入れたアイス向け。
液体をそのまま型に入れて凍らせた場合と違い、アイスを型に入れるのは非常に手間がかかる。
空気がうまく抜けてないと食感にムラができてしまう。
食べるペースが遅いと溶けてしまう。
500gなら8本分の型が必要になる。
保存方法
  1. 型に詰める。
  2. 棒を挿す。
  3. 凍らせる。
  4. 表面を軽く溶かして型から外す。
  5. 容器に入れるかラップで包む。
  6. 冷凍庫に入れる。
取り分け方法
  1. 冷凍庫から出す。