「プロト・ルーンフォーク」ナナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナナ(型式番号AB-73)

「愛と希望をアンテナに引っ提げ、ナナ、世紀を超えて華麗に復活でーっす☆」

基本設定

種族 性別 生まれ 年齢 身長 体重 3サイズ
ルーンフォーク(プロトタイプ) 女性 不明 ?歳 146cm 40㎏ 84-57-84

能力設定

能力値 成長 アイテム 合計 ボーナス
器用度 17 0 0 17 2
敏捷度 17 0 0 17 2
筋力 17 0 0 17 2
生命力 17 0 0 17 2
知力 17 0 0 17 2
精神力 17 0 0 17 2

冒険者レベル HP MP 生命抵抗力 精神抵抗力
0 17 17 0 0
個人特徴 ねじまき動力 アカシックレコード ブラックボックス
一般技能 メイド(侍女)7 ウェイトレス(給仕)7 シンガー(歌手)7 パフォーマー(芸人)7
顔見知り 友人 貴重な友人
10 50 100

 オレンジがかった髪、小柄な体格にトランジスタグラマーなルーンフォークの少女です。首と耳の金属部品のほかに、頭にリボンのようなウサミミのような形状のアンテナを生やしていて、腰の部分にねじまきが突き刺さった珍妙な格好をしています。また、四肢が球体関節となっているのも特徴的でしょう。
 その正体は、現代では「ルーンフォークの父」と呼ばれているプロフェッサー・アシモフによって作り出された、世界で最初のルーンフォークです。仕様や構造は現代のルーンフォークと大きく異なっており、まさにプロトタイプと呼ぶにふさわしいでしょう。
 食事を摂り、人間同様の味覚を有していますが、それをエネルギーに変換することが出来ず、活動するためには専用のねじまきを使って、外部からのエネルギー強襲を定期的に受けなければなりません(頻度はおおよそ、1日に3回です)。激しい運動を行うなど、イレギュラーな行動を行うと著しくエネルギーを消耗してしまい、場合によっては1時間持つかどうかということもあり得ます。
 プロフェッサー・アシモフが宇宙から飛来したという全知全能の結晶体を使用するために生み出した存在であり、その体内には「アカシックレコード」と名付けられた未知の金属体が組み込まれています。アカシックレコードから必要な知識を得ることが出来ますが、この機能を使用すると肉体と精神に多大な負荷がかかり、全エネルギーを消費してしまうため、知識のダウンロードが終了した瞬間、行動不能になってしまいます。エネルギーの残量が少ない時などは、そもそも使用すらできません。
 アシモフは他にも様々な機能を搭載したようですが、そのすべてはブラックボックス化しており、全貌は解明されていません。
 アキハの依頼により、アシモフの遺跡から封印状態にあったところを解かれて現代に蘇り、亡き開発者の遺言であるアカシックレコードの叡智を役立てるため、タルキの街へと連れられてやってきました。以後、かつてアシモフの友人であったシュタイナー博士の子孫(と思われる)アキハの工房に居候して、助手やスタッフとして住み込みで働いています。
 ちなみにかつて、アシモフの身の回りの世話を行っていたらしく、ある程度の家事スキルや、アシモフの趣味であった当時のアイドル(芸能人の方)の歌とダンスやフリをマスターしているようです。

プレイヤー 作成日付
NPC 2015/4/29

元ネタ 概要
安部菜々 モバマスより。さすがななさんは年の功、なんでもしってる(棒)
なお、アカシックレコードはシナリオの要所でのみの使用を推奨。多用厳禁。