カエデ・ハイヘッジ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ボクはハイマンではなく廃人(ハイマン)なんです(酔っ払い)」

基本設定

種族 性別 生まれ 年齢 身長 体重 3サイズ
ハイマン 女性 学者 25歳 171cm 49kg 81-57-83
ウェーブのかかった渋めの緑色
性格 おやじ(ダジャレ好きののんべ)
一人称 ボク
服装 深緑色のローブに皮ズボン
アクセサリ

能力設定

能力値 成長 アイテム 合計 ボーナス
器用度 14 0 0 14 2
敏捷度 11 0 0 11 1
筋力 14 1 0 15 2
生命力 9 3 0 12 2
知力 21 3 1 25 4
精神力 17 1 0 18 3

冒険者レベル HP MP 生命抵抗力 精神抵抗力
4 24 42+2 6 8+1
種族特徴 デジャブ 魔法の申し子
冒険者技能 プリースト(サカロス)4 セージ3 コンジャラー3 フェアリーテイマー1
一般技能 スカラー(学者)5 ヘラルディスト(紋章学者)3 マーチャント(商人)1 リペアラー(修復者)1
戦闘特技 魔法拡大/数 魔法誘導
言語 交易共通語 魔法文明語 ザルツ地方語 (以下会話のみ)妖精語 汎用蛮族語 ドレイク語 巨人語
武具 ソフトレザー ラウンドシールド
装飾品 とんがり帽子(頭) 赤の眼鏡(顔) 信念のリング(専用化&発動体:右手)
サカロスの聖印(首) 宝石(妖精魔法用:耳)
一般装備 酒の種*10 知性の指輪*1 アウェイクP*2 ドゥロー・リュブレ(100ガメル相当)*2 メセグリン蜂蜜酒*10
経歴 異種族の友人がいる 5人以上の兄弟・姉妹がいる 本来とは別の性別として育てられた

ゴーレム研究をしていた元冒険者の両親の元に連れられ、遺跡探索のため幼い頃から各地を巡る生活をしていたが、6~7歳頃自らの寿命を懸念した両親により冒険者時代の仲間であったというサカロス神官の下に引き取られそこから成人するくらいまではその人物が経営する孤児院にて育てられる。
両親とともに各地を巡っていた頃は安全のために男として育てられたため、二次成長を迎えるくらいまでの間は普通に男だと思っていた(一人称はその頃からの名残り)

成人後は表向き両親の研究を引き継いでゴーレム研究を行っているが、「研究室より酒場で見るほうが多い」と言われるほど「サカロス神官らしい」振る舞いが目立つ。研究者として一応それなりに実績を上げているため重い処分を受けたことはないらしいが、普段の態度に対しうるさく言ってくる者もそれなりにはいるらしい。
「百識眼」ミズキ(魔道具屋「ミズキ」の店主)とは同期であり、彼女が派遣される際に「レーゼルドーン大陸における未発掘ゴーレムの研究のため」という名目で同行の権利と研究費を分捕りやってきた。
名目上も確かにあるが、実際のところは協会側も渡りに船の厄介払いであったとも言われている。

普段は魔道具屋「ミズキ」の二階の一部屋を占拠しているが、生活能力がないため昼頃になると小鳥亭にやってきて食事と酒を楽しんでいる。

ちなみに、ハイマンの証である魔方陣は左頬に浮き上がるらしい。

※所持品のドゥロー・リュブレとメセグリンの蜂蜜酒はザルツ特産のお酒

プレイヤー 作成日付
ひのもと 2014/9/4
(プレイヤー注釈欄)
ドラゴン絡みだったのに”げんじゅう”注意を忘れていたorz