「リトルジーニアス」アキハ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アキハ・A・シュタイナー

「できたぞ冒険者諸君! 蛮族を一撃で粉砕するスイッチだ!」

基本設定

種族 性別 生まれ 年齢 身長 体重 3サイズ
ドワーフ 女性 魔動機師 14歳 148cm 39㎏ 75-53-74
明茶髪ツインテ
性格 自信家
一人称
服装 セーラー白衣
アクセサリ 赤いメガネ

能力設定

能力値 成長 アイテム 合計 ボーナス
器用度 23 9 0 32 5
敏捷度 7 3 0 10 1
筋力 14 4 0 18 3
生命力 14 5 0 19 3
知力 13 12 0 25 4
精神力 24 6 0 30 5

冒険者レベル HP MP 生命抵抗力 精神抵抗力
10 49 60 13 15
種族特徴 剣の加護/炎身 暗視
冒険者技能 マギテック10 アルケミスト10 セージ4
一般技能 インベンター(発明家)14 リペアラー(復元師)13
戦闘特技 魔法誘導 魔法収束 魔法制御 鷹の目 魔法拡大/距離
武具 マナコート
装飾品 フローティングスフィア各種 アルケミーキット
一般装備 アルケミーキット
経歴 過去に仕えた主がいた 大切な約束をしている 年の離れた友人がいた
コネクション
顔見知り 友人 貴重な友人
10 50 100

 トアルの街で魔動機工房を営んでいるドワーフの少女です。
 明るい茶髪をツインテールに結い上げ、赤い眼鏡をかけ、いつでも白衣を羽織っています。
 まだ年若い少女ですが、幼少期から卓越した魔動機術の才能を見せていたため、ダーレスブルグのマギテック協会会長が直々に教鞭を取ったほどの逸材です。しかし年を経るごとにその研究方針が奇抜な方へ傾倒していき、ただでさえ魔動機を暴発・爆発させてしまうような在野の技師がいるような土地柄であったため、無理矢理にでも方針を矯正されそうになります。
 その折に師事していた協会長とは自ら絶縁し、驕りきった本土(テラスティ大陸)の連中の横っ面をひっぱたく成果を挙げるため、単身レーゼルドーン大陸へ渡ってきたようです。その頃にはすでに自作の魔動機兵(自称ロボ)を自作するほどの技術を会得しており、それどころかローター式飛空艇ジャイロスクランダー号を秘密裏に完成させており、それを使って大陸を渡っています。
 まだ発展途上であったタルキの街の、現在では一等地区と呼ばれるようになる地に工房を開き、以後はそこを拠点に発明にいそしんでいます。とはいえ、タルキでの評判もまだまだ「イロモノ発明家」の域を出ず、マテリアルカードやマギスフィアを販売する臨時のマギテック協会の真似事を兼任しており、発明一筋で暮らしているとは言い難い状況です。
 余談ですが、「星界(要するに宇宙)の果てからやってきた永遠の7歳」と自称するウサミンを名乗るタビットに幼い頃に友人となり、彼女といつか星界まで飛び出せる船を発明することを約束しています。日々イロモノレベルの奇抜な発明を繰り返しているのは、この約束を果たすためなのかもしれませんが、その真相は本人しか知りようがありません。さらに余談ですが、ウサミンなるタビットは友人になった当時からずっと7歳を自称していますが見た目がまったく変わらないため、その実年齢は定かではないようですがこれはどうでもいい話です。

 また近年では解放された霧の街から伝わってきた魔改造の技術を独自に研究しています。
 よりリスクが少なく死者を改造手術という手法で甦らせることが出来ないかと日々研鑽を重ねており、現地で蛮族が行っていたそれよりも多少はマシになったレベルでの魔改造を成功させています。研究を続けて、冒険者に「高額な礼金を払っての通常の蘇生」か、「見た目と社会性を犠牲にしての安価な蘇生」かという選択肢を与えることが出来るようになるのが当面の目標のようです。

プレイヤー 作成日付
NPC 2014/8/1
ひのもとさん原案
元ネタ 概要
池袋晶葉 モバマスより。天才ハカセ(科学)。みんなのアキえもん。