ホウキ・シノノノ


               {:(⌒ヽ ∠二二二二\::::::::',
                |::∨/::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::}
               ',/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
             /::|::::::::|:::::::::::|:::::::::::i}::::::::::::::|::::::|::::|::::::.       
.              .:::::::|::::::::|:::::::::::|:::::::::::i}:::|:::::::: |::::::|::::|::::|::}
.               |:::::::|::::::::|:::::::::::l::::::::: /::i|:::::::: |::::::|::::|::::|::|\     
              /|:::::::|::::::::|:::: /|:::::: /::::::|:::::::: |::::::|::::|::::|::| :ハ     
.             / :|:::::::|::::::::|::::::! |:::::/ :::::::| \_」::::::|::::|::::|::| / }
            /⌒|:::::::|:::::斗‐┼十\:::::::丁¨´\{:/ :::|::::|::| /ノ    
             \_.|l::::::|:::::::乂八ノ   ヽ:::,ィ乏{厂}〉::::|::::|::|_厂
             |l::::::|:::::〈{て)::了     ヽ乂ツ  |::::::|::::|::|:\
               八::::|:::{∧.乂ツ      ""  :|::::/ :::|::|::::::::..
            / ∧八:: ∧ ""   ′       ムイ:::::::Ⅳ::::::::::::.
.           / /::::(::::::\:::..           / |::::::::|:::::::::::::{、:::.
          / /:::::/ア:::::::::::: >  .   O    イ  |::::::::|::::::::: ∧\\
            / /:::::::| {/ )、:::{::::/ r弋:、 //ヽ 八 ::ノ:::::::::::::∧ \\
        / /:::::::: |   ´ ):::乂─|  ><    /:::/:::::::::::::::::::∧   \\
.        / /:::::::::::∧  / ノ} // ::| /rfニ}ハ  //∧<:::::::::::::::::∧   ヽ::',
       / /:::::::::厂_∧  ヘ //:::::::}/ /∧{⌒/:::::::| |.\ ` <:::.::::∧    }::}
      {! ./:::::::::::| | l \   V::::::::// // ハ}_i〉、::: | | \\   ` <:::.  .//
.       ∨::::::::::::l| | |   }  ∨::::乂_/、/ {厂\\.」   \\ / }∧ //
      /:::::::::::::::i| | | /⌒丶 }/::::| |:::\:::| |:::::::> >     >イ | /::::::∨
.     /::::::::::::::::::i| | |./     \::::::| | :::::::: | |//     / l: | .::::::::::∧
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【TIPS】:魔法用具店「ダービッシュ・アンド・バングズ」店員 女性

 魔法用具店を営むタバネ先生の妹。
 姉を表立っては適当に扱いつつも、裏で姉の製品を宣伝してあげたりと、姉妹仲は良好のようだ。
 杖に箒、ローブなど、魔法用具の販売を行っている。
 他にはWWWとは違い効果は低めだが学校に持ち込み可能な魔法グッズ、
 学生向けではないが、マツミ製の肉とタバネ製の野菜も取り扱っている。
 彼女の杖との相性鑑定によると、
 キヨマロは自分の杖との相性は最悪だが母の愛によって使えている、とのこと。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
+詳細
 購入可能な魔法グッズで判明しているのは「思い出し玉」「かくれん防止器」「吼えメール」の三つ。
 基本的に魔法用具などは誰もが入学時に取り揃えているものばかりであり、魔法グッズ購入以外では、
 壊れた際の修理や、代用品が欲しいときに必要とされるお店。
 クルミはデートの際ククリ刀を受け取っており、そういった雑貨の注文も可能なようだ。

 ちょっとに素直でないぐらいの普通の店員さん、と思いきや、
 実は数年前までホグワーツでシークレット・アズカバン・ナンバーズのⅥ、嫉妬のホウキ・シノノノと呼ばれていた元問題児。
 幼馴染のイチカ・オリムラに惚れており、恋敵を例外なく闇討ちしていた。
 結局フランス人女性に持って行かれたらしく、
 結婚をイチカから報告された際には意識が飛び、気づけば血だまりだけが残っていたという。
 現在では普通に社会人をして新しい恋も探そうとしており、更生している。
 が、自身の過去の乱行に今でも罪悪感がないあたり中々にヤバいお人。