トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

上海市センターに、淮海中級と高い山道の交差する場所の1棟20世紀の初めの普通煉瓦は内を建築して、日本建築士の隈は吾をする設計する空間の中に、エルメスグループ傘下中国ブランド“前後”エルメスコピー代引きフラグシップショップは落成します。 この堅い満7歳の本土ブランドは、中国職人の手細工作品から売れて来ていて: 数百元の本当にきわめて少ないパスポートの袋から超えた1万元の竹までは茶碗を編集して、からまで2万元の紫檀の踏み台は10万の明式家具を数えて
これは新しい中国式であり贅沢ですか? エルメス全世界のCEO Patrick Thomasはともにこのように考えません。 これに禅の意の空間が満ちて、彼はテンセントファッション(マイクロブログ)にエルメスの“前後”の自信と野望を展示した: “私たちはともに風潮に迎合する必要がありません … … 私にとって、中核の目標は並べて商業的的に利益最大化することを追求するというわけではなくて、本当に‘前後’このブランドの品質を製造します。
テンセントはおしゃれで: エルメスは中国でこの多い店のようで、あなたはなぜ創立前後このブランドが欲しいですか?
Patrick Thomas: 私は朝からまですぐ1社の会社を創立したいと思って、会社の企業文化はそれによって手細工は、おしゃれに中核とすることと革新します。 1回があって、私は上海を訪れて、美しい玉の耳女性に出会って、彼女は私に彼女が1個の復活中国手細工の考え方があると教える、並べた“前後”に言及したことこのブランド。 彼女はあのときにまだ1人が設計者を建築して、私たちは多くの話題を討論して、彼女は中国文化に手細工を示してすでにしだいに薄められて、だから彼女は1個の中国自分を創立する手細工品印が欲しいです。 続いて私たちはすでに手作業品物の“前後”このブランドを中心とするかどうか討論して、中国を助けることは重いて手作業品物の文化を拾って、中国の多くの千年の歴史のため。 これはすでに7年前の事でした。