本編A-1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

譜久村「えりぽん起きて!起きて!ハロコンのリハ始まるよ!」
生田「うーん、うるさいよ聖!聞こえとーよ」
目を開いた次の瞬間、遠くからの鋭い視線に生田は凍りついた… そう、夏焼雅である
夏焼は鋭い視線のまま生田にまっすぐ近づいてきた

青ざめた生田の前でピタリと止まった夏焼はゆっくりと話しだした
「千奈美から聞いたんだけど、部活始めたって本当?」
生田は慌てて席を立ち挨拶した「おはようございます夏焼さん!」
続けて得意のニヤケ顔で、ハロステダンス部に対抗する『ハロプロヘッポコ部』設立の経緯を語った

夏焼「そうなんだ、私はハロステダンス部抜けたから困ったら言ってね」
生田「夏焼さんダンス部抜けたんですか?理由聞いていいですか?」
少し間を開けた後、夏焼は大きな目と白い歯で優しく笑い、長い黄金色の髪を揺らしながら稽古場へ向かっていった…

生田「夏焼さんも誘ったらヘッポコ部来てくれるかな?ねえ聖聞いとう?」
譜久村の視線の先には髪をひとつに束ね、清水と談笑する嗣永しか映っておらず、
夏焼と生田のやりとりなど初めからまったく聞いていなかったのである

その日のリハ休憩時間に生田は夏焼のダンス部脱退のことが気になっていた…
だが先輩が答えを濁したのを詮索する勇気はKYな生田でも持ち合わせていなかった
「あーあ気になるとーーっ」筋肉質の腕を上げ大きく伸びをした

だ~れだ?生田の目に後ろから細くて長い手が覆いかぶさった、そう目隠しと言うやつだ
低い声で関西なまり、興奮気味にウッホ ウッホ鼻息が荒い、
渋谷をうろつく生田様でも考えなくても分かる簡単な問題だ、そうスマイレージのかななんだ
「かななんやろおー?分かっとるけんねーバレバレやけん」生田はゆっくり手を払いのけた
振り向くとかななんが居た、かななん以外のスマイレージも居た、
お得意のアイドルポーズで出迎えてくれた、生田にはないキラキラ感と言うやつだ






本編A-2