ミコト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:(御命)ミコト・クヴァール
種族:ニューマン
性別:女 
年齢:19歳

【概要】
ニューマンの中でも名門の出。
当時は性格も穏やかで面倒見も良い性格だったが、10年前に目の前で両親を虐殺され感情を失ってしまい襲撃してきた暴漢に捕まる
生きることに絶望していた時、取引中に偶然通りかかったヴァンの気まぐれで救助される
さらに気まぐれでヴァンの養子となり、クヴァールの性を貰う
最初は見ず知らずの自分に対するヴァンの行動に理解を示すことができず、まったく信用できずにいたが
無駄に熱いヴァンの熱意に触れ、次第に心を開くようになった

クヴァールの性を貰い数年後、アークスに入ることを決意する
そのことをヴァンに打ち明けるも猛反対を受けるも既に意思が固まっていたため
決して折れずにヴァンを言い負かすことに成功、晴れてアークスに入団する
過去のトラウマのせいで人間、特に男性が苦手。


【性格】
クールっぽいようでクールじゃない。
無愛想で感情表現がうまくできない上に自ら人と関わろうとしないため、人付き合いが苦手
思ったことをすぐに口に出してしまい、人によっては失礼と思われるようなことも平気で言う
昔の家にいた頃はよく笑う子だったらしい。らしい。

【外見】
濃緑髪のポニーテールで欲望の巨乳枠
ニューマンらしく長耳で、フェザーピアスを装備。
ぐだぐだとしているときはジャージ、出勤時はウルスラレプカ
化粧はしようともしないし、おしゃれに興味は無い


【戦闘関係】
適性はフォースとテクターが最大値。ほかにも一応ファイターやハンターにも適性を持つ
名門の出という事もあり法撃に関しては天才。だが、まだまだ伸び代限界までは届いてはいない
ある程度周囲に気を配る視野も持っており、敵の弱点を正確に狙い法撃できる程の技量を持つも、
精神的に未熟なところがあるため精神的動揺により集中力が途切れることもしばしば。やはり未熟。


【家族関係】
本当の両親が目の前で殺され、連行されているところをヴァンじいちゃんに救出された
一応ヴァンを実の父と同様に尊敬してはいる

【交友関係】
士官時代は成績は優秀ではあったがその性格とトラウマ故か友達はおらずぼっちだった
グリュックスヒューゲルに正式に入隊後はチームメンを中心に徐々に交友関係を広げていく
元気が良すぎる人が苦手で、レイ兄妹らとは距離を置いている
最近は慣れてきてはいるようだが


【趣味】
おおよそ趣味といえるものはない

【余談】
ちなみに私生活はとんでもなくズボラ。
普段の服装はジャージ。見た目も何も気にしないほど
そのたびにヴァンから嘆きの声が上がるが本人は気にも留めることはない

【余談2】
両親は虚空機関所属の研究員。
ミコト本人は両親がアークスとして活動していると思っており、真実は知らないままである