コトネ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 新キャラのコトネ
本名:コトネ
種族:デューマン
性別:女の子
年齢:15


【概要】
デューマンとして生まれ、その力を買われてアークスへ招待された。
その後アークスとして職務を全うするも、チームに入団することは無かった。
ある日偶然、パーティエリアで一人で大型エネミーに囲まれちょっとやばい状況になった。
そんな時偶然アイテム集めの最中のキッカが通りすがり、離脱を手伝った事がきっかけで名前も聞いてないハンターに少し惚れてしまう。
キッカという名前の彼が独立国家グリュックス・ヒューゲルとかいう変な名前のチームに所属していることを突き止めたコトネは、早速入団希望の用紙に名前を書き込むのだった。

とまぁ、これとは別の設定で色々考えてるんだけど、物語の根幹に関わる話なので書きません。
ネタバレ怖い。



【性格】
思ったことが素直に言えない、いわゆるツンデレ。
見た目が実年齢もあって幼く、よりによって慎重も低いため他人に弱く見られない様に大人っぽい口調を使う。
でもたまに素が出る。
表情は隠しているつもりだが、実は結構出てる。ババ抜きは絶望的に弱い。
曲がったことが嫌いで悪は悪、善は善と自分の中での秤があり、今のところチームの皆は善の枠に収まっている。



【戦闘関係】
戦闘面に関しては無類の才能を誇り、近、遠距離の両方での活躍が期待できるブレイバーをすることになった。
一応ハンター、レンジャー、フォースもそつなくこなせるだろうがカタナが気に入っているので変える事はないだろう。



【家族関係】
もしデューマンをヒューマンの突然変異と捉える、PSPの設定ならば。
ヒューマン同士のごく普通の一般家庭に生まれたコトネは、生まれたときから角が付いているデューマンだった。
ヒューマンとは違うこの角にコンプレックスを感じ、これを隠して暮らしていた。
アークスならばこれを生かせるという家族の助言に、コトネはアークス入りを決意した。




【交友関係】
狭い。
長い間チームにも所属せず、特別NPC達とも深い付き合いをするわけでもなく。
グリュックス・ヒューゲルに入団してからは、あまりにお互いの距離の近さに困惑するも、じょじょに溶け込み始めている。
元々裕福な家庭ではなかったため、紅葉には少し偏見を持っていたがそんなものあっという間に払拭された。
キッカも同じ裕福な家庭なのだが、恋とは盲目らしい。
暇さえあればキッカにクエストの招待をしているが、必ずレイだったりヴァンだったりエナや紅葉だったりとおまけが付いてくるのが最近の悩み。


【趣味】
食べ歩き。ウィンドウショッピング。
あと甘いものが好き。クレープとか咥えてると超萌える。
カジュアルな服装で、ゲーセンの戦利品を抱えながらクレープを食べ歩きするコトネまじ天使超可愛い。