菊の7本下手


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

菊の7本下手。

日本では北陸地方で盛んに作られている下手形です。

3本下手と同様にあの姿がよく7本の花を均等に咲かせることがポイントになります。

 

切り花の3花組。

菊花展に出品するには、鉢植えと切り花とがあります。

切り花用に作る場合は、
本仕立てにして、 3本仕立てよりも大きな花を咲かせます。

それを3本組みもしくは1音で出品し、花の美しさを見ます。


千林下手。

日本の苗を数回敵視して、枝の数を増やします。

1,000本以上の即死を育てるのに、 2泊日以上の日数を要しますが、

苗づくりから開花までの栽培期間は18カ月前後の長期に渡ります。

この栽培に適した品種は数品種しかありません。

本の苗を約2年間育てて、

2,319厘咲かせた超大型の千林仕立て。