※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

光ファイバーとブロバイダーの選ぶ中で

最近、NTT東日本のフレッツ光を解約しました。

理由はマンションがケーブルテレビを無条件で行っていたのですが、マンション内の共聴設備の改修があった時に工事の人からケーブルテレビでも光ファイバーをベースにしたインターネットをやっているということを紹介された為でした。

その人の話を聞くと月額費用が今より千円ほど安くなるという事が回線とプロバイダーの見直しが一番だと言う事です。

フレッツ光は6年前から使っていたので、一般家庭では、比較的早い導入かもしれません。

しかし、当時は光電話に魅力を感じて、契約をしたようなものでした。

私も家内も実家が遠方にある為、光電話だと電話料金がかからないというのが理由だったのです。

しかも、その時の回線スピードが100Mもありましたが、家で使うパソコンは1台しかない状態で、とても贅沢な使い方だと思いました。

しかし、6年も経つとインターネット環境もガラリと変わってきました。
http://www.hikarifibercharge.com/

私の家でも家族全員がパソコンやスマホやタブレットと必ず何人かが同時にインターネットをするのです。

そんなことから、インターネットをするには光ファイバーが必須の回線になっていきました。

当時の金額で契約をしたものですから、月額料金もかなり高いものだったのです。

しかし、現在では多くのプロバイダーが光ファイバー回線を手がけ始めており、私も格安の光回線を見直したいなと思っていたので、ベストタイミングだったのです。

しかも、プロバイダーはNTTぷららから見直しもしなければならなかったのですがケーブルテレビ会社がプロバイダーの一括契約をしているので、手続きが大変楽でした。

回線スピードは今より若干、速くなっていますし、自宅内で無線LANしていてもレスポンスがよくなり、使い勝手がすこぶるいいのです。

光ファイバー回線とプロバイダーを見直す時には、各々、手続きをしなければならないところを一度に変更できるといった当初、予想していなかった事が助かったことです。