Cod:AW - 武器


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武器の詳細データ(Google スプレッドシート)

ゲーム内の設定数値を分かりやすい距離に置き換えるため、かなり大ざっぱな表記にしています。同じ射程は同じに、前後する数値はまたがないようにしているので、大きな間違いはないはずです。

射程距離は武器毎に1~3段階で、各段階毎にがくっと威力が下がるBO2形式。このサイトでは武器毎の射程の段階を近い距離から、大威力射程、中威力射程、小威力射程と便宜的に呼びます。

プライマリ

A:強い、B:使える、C:普通、D:弱い、E:ゴミ(同じランクでも全バリアント中、最も優秀な武器が存在するときは"+"を付けています)

アサルトライフル

大威力射程が短く、中威力射程が長い武器。パッチによって弱体化し、Bal-27、HBRa3という二大トップランナーを失った。

武器名 Min-
TTK
Max-
TTK
通常
評価
選抜
評価
志願
評価
プロ
評価
エリ
評価
特徴
Bal-27 0.182 0.364 C C B C A 初弾から4発が低レート
AK12 0.265 0.353 C B A C B パッチによってフルオート筆頭に
ARX-160 0.133 0.392 D D D B+ B 三点バースト
HBRa3 0.167 0.367 B B B B A 初弾から三発が高レート
IMR 0.111 0.322 C B A C C 四点バースト、自動給弾
M14 0.118 0.353 D D D D C セミオート。弱い

サブマシンガン

フルオートARの弱体化によって最も優秀な武器が多いジャンルに躍り出た。ASM1は低反動、高威力、高レート、最多の装弾数と最早敵無し。

武器名 Min-
TTK
Max-
TTK
通常
評価
選抜
評価
志願
評価
プロ
評価
エリ
評価
特徴
KF5 0.154 0.385 B C B A A+ 初弾から5発が高威力、高射程
MP11 0.2 0.334 C C C B A 移動モーションの隙が小さい
ASM1 0.154 0.385 B A B A A+ 初弾から四発が高レート
SN6 0.167 0.278 C C C B B 初弾から四発が高レート
SAC3 0.109 0.218 B B A B B アキンボのみ
ARM9 0.133 0.417 D D D C B 五点バースト、グレ装備可

スナイパーライフル

可変スコープ以外を使うと真っ直ぐ弾が飛ばない。総じて汎用性に乏しく弱い。

武器名 Min-
TTK
Max-
TTK
通常
評価
選抜
評価
志願
評価
プロ
評価
エリ
評価
特徴
Lynx - - E E E E E HSのみワンショット
MORS - - D D D D D+ 足以外ワンショット
RA-45 - - E E E E C 二発を側に撃ち込むと爆発。HSのみ
Atlas 20mm - - D D D D+ D 腰だめ不可。足以外ワンショット

ショットガン

威力の減衰開始が従来作より早い。

武器名 Min-
TTK
Max-
TTK
通常
評価
選抜
評価
志願
評価
プロ
評価
エリ
評価
特徴
Tac-19 - - C C C B C エネルギーショットガン
S-12 - - C C C C B 威力、射程共に短すぎる
Bulldog - - C C C C B 装弾数を除いてS-12の全てを上回る

ヘビーウェポン

変わり種が多いが、同時に優秀、器用な武器も多い。共通して、足が遅い。

武器名 Min-
TTK
Max-
TTK
通常
評価
選抜
評価
志願
評価
プロ
評価
エリ
評価
特徴
EM1 0.267 0.4 B C B B A 最強の腰だめ兵器、対空にも使える
Pytaek 0.2 0.4 D D C+ D C Ameliの下位互換
XMG 0.109 0.218 C C C C B 機動戦、定点射撃、対空全てが出来る
EPM3 0.1 0.1 E E D E E 連射力次第だが……
Ameli 0.182 0.273 B B B+ B B 最強の遠距離用武器

スペシャル

武器名 Min-
TTK
Max-
TTK
通常
評価
選抜
評価
志願
評価
プロ
評価
エリ
評価
特徴
ヘビーシールド - - D - - - - ファストメレー必須
MDL - - C - - - - フラグを連続投射する。コンキングキャンセル可

セカンダリ

ピストル

RW1以外が弱すぎてヤバイ。

武器名 Min-
TTK
Max-
TTK
通常
評価
選抜
評価
志願
評価
プロ
評価
エリ
評価
特徴
Atlas 45 0.1 0.3 E E E E+ E 豆鉄砲
RW1 - 1.714 C C C C C+ セカンダリでは飛び抜けてる
MP443 Grach 0.067 0.367 E E E D E 豆鉄砲
PDW 0.265 0.353 E E E E D 豆鉄砲

ランチャー

武器名 Min-
TTK
Max-
TTK
通常
評価
選抜
評価
志願
評価
プロ
評価
エリ
評価
特徴
スティンガー M7 - - C - - - - 対人ロック可
MAAWS - - E - - - - 弾速が遅すぎる
MAHEM - - B - - - - 使いやすいランチャー
スティンガー M7
従来作までは航空機撃墜用の武器だったが、今作では対人ロックも出来る様になった。敵を目視していればロックできるため、止まっている相手なら相当な距離から葬りされる。DOMなら旗に乗っている相手をこっそりロックしてまとめて吹き飛ばせる。豆粒みたいな距離から狙うべし。今作はUAVがかなり強いので、UAVの撃墜も忘れないように。
MAHEM
弾速が速く、予備弾まで持ってるランチャー。最後のアンロックに相応しい優秀な武器。従来作のRPGが真っ直ぐ飛ぶと言えばその優秀さが分かるだろうか。ただしスティンガーの変わりにはならない。

スペシャル

武器名 Min-
TTK
Max-
TTK
通常
評価
選抜
評価
志願
評価
プロ
評価
エリ
評価
特徴
クロスボウ - - E - - - - トリボルト消失によりゴミに

アタッチメント

武器を拡張する装備品。付ける場所によって分類されており、併用できないアタッチメントも数多く存在する。BO2のように相性がよすぎるため併用できないといった仕様は存在しない。

サイト

よほどアイアンサイトが見づらい場合を除いて避けた方がいい。どれもポイントに見合うほど強くない。一部サプライ武器の効果によって装着できない武器がある。

アイアンサイト
装着できるSRが軒並み実用性に乏しいことが問題だが、アタッチメントとしてはかなり強力。この手のゲームで視界が広いことはまずデメリットにならない。BO2と違って息を止められないが、中距離戦での強さを確保することが出来る。

バレル

二つしかないが、排他的利用。どちらも射程距離が増減する。

サプレッサー
毎度おなじみの減音器。発砲時に発生するマップの赤点を抑制する変わりに、射程距離が25パーセント減少する。隠密性が上がるので、裏取りには欠かせない装備。射程減少25パーセントというと流石に影響が気になるので付ける相手を選ぶ必要がある。筆頭候補はAK12 R.I.P、IMR Inpact。元から全距離4発でデメリットが殆どない。SMGならMP11 Goliath、HWならAmeli Heaveyが有望株。
アドバンスドライフリング
射程距離が25パーセント伸びるアタッチメント。元から射程が長い武器に付けると強さに磨きが掛かる。ASM1などがその筆頭になるだろう。

アンダーバレル

枠が一つしか無い排他的アタッチメントなので、一つの武器には複数のアンダーバレルを付けることができない。ただし同時利用が想定されるのはフォアグリップとグレネードランチャーくらいなので、結局はバレル同様二者択一になる。

フォアグリップ
武器の反動を抑制するおなじみのアタッチメントだが、モデルにしたBO2に反して強力なアタッチメントして復活した。反動そのもの50パーセント軽減し、反動の収束を高速化する。後半の効果のため、発射レートの低い武器ほど体感効果が大きくなる。低レートのHBRa3やAmeliなどは特にその影響が顕著。逆にAK12などは殆ど効果が発揮されない。武器との相性もあるが、かなり有用なアタッチメント。
グレネードランチャー
毎度おなじみの敵弾投射機。今作の爆発物は即死半径こそ狭いものの、被爆時に強い怯み効果を与えるため、対人火器としてはかなり強力。EXOムーブと組み合わせることで、緊急回避しつつ相手の動きを牽制するなど、高い鎮圧能力を持つ。デュアルマガジンでグレネードランチャーのリロードも速くなる。

マガジン

従来作までと違って今回は全て併用可能になった。実用性があるのは拡張マガジンとラピッドファイア。デュアルマガジンとか、装備スペース圧迫するからただでも要らない。

拡張マガジン
一律50パーセントの増加。装弾数が心許ない一部の武器には必須。経戦能力を高めることができるので、野良DOMで味方が頼りないときにも必須。連続した戦闘になりやすいオブジェクト系のルールではかなり重宝する。場合によってはプライマリーガンファイターを使ってでも装備すべし。
ラピッドファイア
発射レートが25パーセント増加する。デメリットとして15パーセントの反動増加ペナルティがある。装備できる武器はSMGとHWの一部。目に見えて反動が増えてしまうが、閉所戦での高い瞬間火力を発揮できる。拡張マガジンと併用できるようになったので、今までより使いやすくなった。

フォアサイト

レーザーサイトが従来作の半分の強さしかないので付ける価値が殆ど無い。期待の新星パラボリックマイクロホンも泣かず飛ばす。なのでトラッカー以外に付けるものがない枠。

トラッカー
銃弾を当てた相手をマーキングして、マークされた敵が死ぬまでマップ上に赤点表示する。なにそれ、怖い……。対策法がロウプロファイルしかない。UAVの大幅強化と良い、今作のアンチUAVはかなり有用になっている。サプレッサーと組み合わせてぷすぷす敵を妨害してやると、敵のストリークが繋がらなくなってなかなかに有効。UAVと違ってばれにくいので、対策してこないのも強い。

ユニーク

ポイントが許す限り自由に取り付けできる。

クイックドロー
従来作より強化されて、覗き込み時間を50パーセント短縮する。覗き込みが遅いAmeliなどでは必須とも言えるアタッチメント。EXOムーブによる回避からの攻撃を確実に決めるためには是非付けたい。ゲームシステム的にもかなり追い風の吹いてるアタッチメント。高低差の強いマップでは機動戦を制するためにストックより優先した方がいいと思う。
ストック
ADSした状態での移動速度を向上する。回避力が大きく向上するので前作、前前作、前前前作に続いてAR、LMGの強力アタッチメント。もちろんそれ以外に付けても良いが、SMGは元からストックが付いているようなものだし、SRもアイアンサイトを併用しない限り必要性は薄い。EXOムーブの追加で多少必要性が下がったが、ポイントの使用方法としては初手レベルのポジション。今作ではADS移動を下手に使うと、死角が増えて奇襲の危険が増すので、クイックドローよりは高低差の少ない平野向けではあるが、どんなマップでもあるに越したことはない。EXOジャンプ中の移動距離も増えるので、開けた場所での撃ち合いではあるなしの差が大きい。
ファストメレー
盾専用。殴り速度がかなり速くなるので、ほぼ必須。EXOスラムから生き延びた相手に追撃するのにも、あるのとないのではかなりの差が出る。

関連ワイルドカード

プライマリーガンファイター

セカンダリーガンファイター

javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。