タイタンフォール - フロンティアディフェンス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

U8パッチによって追加された新モード。唯一のCoopモードで、今まで使い勝手の悪かった武器等にも脚光が当たった。

基本ルール

割とオーソドックスなウェーブ式Coopで、マップ上に存在するハーベスターと呼ばれる塔を規定ウェーブ守りきることが勝利条件。難易度は高くないが、トリプルスターを取るためには、塔をほぼ無傷で守りきる必要がある。

ウェーブ数はマップ毎に違うが、基本は5ウェーブ。ウェーブ中、次々とミニオンやタイタンが投下され、規定ルートを進軍して来る。それらミニオン、タイタンを全て倒すとウェーブ終了。

ウェーブ終了毎に、一人一台のタレットを取得し、マップのどこかにセットできるようになる。タレットは思っている以上に射程距離があるので、少し遠目に置いても機能してくれる。

パイロットが死ぬと、かなり長時間のリスポン待ちが入るので、よほど切羽詰まった状況にならない限りは、ゼロデス進行を目指した方が良い。例外として、タイタン降下すれば即座にリスポンできるが、タイタンはビルドでき次第、すぐさま落とした方が良いので、あまり実用的とは言えない。

またタイタンのビルドタイムが対戦モードより増加しており、再建造には三分十五秒掛かってしまう。パイロットが居ない関係で、ビルドタイムが短縮しにくいこともあって、タイタンはできるだけ長く使いたい。

装備

パイロット

対パイロット戦が無くなったことにより、多少武器の優先度が変わった。R-101C カービンR97 コンパクトSMGも相変わらず強いものの、スマートピストル MK5スピットファイア LMGの方が間違いなく捗る。

軍需品はアークグレネードでほぼ一択。キット1もクイックリロードキット以外の選択肢が殆ど無い。キット2はスペクターが強化されたこともあって、アイスピックが新たに選択肢に上ってきている。ミニオン探知機も使えるが、敵ミニオンは全て塔を目指して進軍するので、マップ毎に固定の降下地点さえ覚えれば、そこまで必要でも無い。

マップ上にある弾薬箱でパイロットのロードアウトはいつでも変更できるので、敵の構成に合わせて使用する装備を対応させることもできる。ミニオンが多いときはスマートピストルを使い、タイタンが多いときはLMGでロデオするという具合だ。

オートタイタンなのでロデオはかなり実用的になる。相手のシールド次第で対タイタン武器を使うよりも、ロデオで削った方が速い場合も多い。

対タイタン武器のマグランチャーは、スペクターにも吸い付く特性を持っているため、通常の武器を使うよりも楽にスペクターを処理できる。独特の音による位置ばれもデメリットにならないので、Coopでは最も使い勝手の良い武器である。

タイタン

タイタンの装備は基本対タイタン能力に秀でたもので良い。脅威度はタイタン>ミニオンなので、タイタンを処理する速度が求められる。

トリプルスレットはタイタンに対して高い瞬間火力を持つ上、ミニオンを処理する能力も秀でているため、このモードでは最強格の武器といえる。あとは対人よりクリティカルが取りやすい40ミリキャノン 辺りが有力な候補だろう。

戦術アビリティの選択は追加のダメージソースとなる電気スモークがベター。防御系のアビリティを持っても良いが、どうせ敵の目標は塔固定で追いかけてきたりしないので、さっさと離脱すればそこまで重要では無くなる。

キット1は連戦に強くなる再生ブースターかニュークリアイジェクトの二択。ニュークリアイジェクトによる巻き込みは、いざというときに頼りになる。相手の行動がコントロールしやすいので、普通に三体、四体と巻き込める。ただし、迂闊にニュークリアイジェクトすると、後の負担が増大する。確実に巻き込んで、ビルドタイムに変換できる状況を目指すべきだ。

キット2はサバイバー、ビックパンチ、コア加速器と選択肢が対戦モードと変化無い。

バーンカード

トリプルスターのためには、基本的にゼロデス進行になるため、使えるバーンカードは一枚になると思った方が良い。そのため、例え1ウェーブからタイタンが出てこないマップでも、初手から対タイタン武器を選択するのも十分にあり得る。

対パイロット向け要素が強かったカードは軒並みパワーダウンしているため、マップハック、タイタン召還系、永続アビリティなどのレアカードは選択しにくい。対称的にパイロットが居なくなったことによって効果が持続しやすくなったカード類に関しては、その使い勝手が大幅に向上している。

例えば、タイタン回収を筆頭とするタイムブースト系、アーチャーヘビーロケット改のような対タイタン武器などだ。

特筆するべきはダブルエージェントのカードで、パイロットが居ないことによって、常時あらゆる攻撃の対象にならないという、ゴースト分隊も真っ青な効力を発揮する。反撃を受けないため、パンチだけで敵タイタンをたこ殴りにすることもできる。

ミニオン処理

スペクター

スペクターは対戦モードより遙かに強化されている。フラグやアークグレネードといった軍需品を使うようになり、タイタンに対してロデオ攻撃を仕掛けてくるようになった。

このロデオモーションがパイロットより素早いのが厄介で、今までのようにダッシュでひき殺そうとすると、そのうちの一体がすかさずタイタンにへばり付いてくる。

また、銃火器の集弾性が増したこともあって、パイロット時に一対多で戦うと、あっという間に返り討ちにされる。スマートピストルやアークグレネードを使って、一撃離脱で殲滅していきたい。軍需品は所定の弾薬箱で補充できるので、ガンガン使っても問題ない。

スーサイドスペクター

俗に言うカミカゼアタックを仕掛けてくる新型のスペクターで、通常のモデルより若干赤みが掛かった配色をしている。

少しでもダメージを喰らうとすぐに倒れる紙装甲。死ぬ間際の爆発が他のスペクターも巻き込むため、一体倒すと連鎖的に他スペクターも倒せる。パイロット時なら、一気にビルドタイムを縮めるチャンスだ。

塔の前にタレットを置いておけば、プレイヤーが関わらずとも殆どシャットアウトできる。

通常のスペクターと間違って爆発に巻き込まれることを除けば、危険度の低いボーナスアイテムと変わりない。

スナイパースペクター

ライズ、ウォーゲーム、ラグーンなどに登場する上位種のスペクター。ロングボウとチャージライフルを装備し、タイタンへの火力が地味に高い。

チャレンジの条件になっているが、出てくるマップが少ない。

クロークドローン

ミニオンに分類して良いのか分からないが、空中を飛翔しているUFOみたいな機械である。直下のミニオンやタイタンをクローク状態にするほか、能力を使っていないときは、自身もクローク状態で移動する。

大した脅威では無いので、基本後回しでも構わない。

タイタン処理

通常時とは異なる、特殊なタイタンが複数登場する。タイタンのアーマーは、通常時のタイタンの半分しかないので、オーガ以外のタイタンはあっさり壊せる。ただし、数の暴力が酷いので、塔に近づけさせないよう早め早めの処理を心がけた方が良い。

ニュークリアタイタン

ニュークリアイジェクトの能力を持ったオーガ。鈍重だが、確実に塔へと前進してくる。塔の側に来ると自発的に爆発するので、ニュークリアイジェクトの範囲外のうちに処理する必要がある。装備はまちまちでチェーンガンの時もあれば、40ミリキャノンを持っているときもある。

ほぼ全てのマップに登場し、数の暴力で攻め寄せてくる。個体の脅威度は高くないが、処理に手間取ると、じり貧に追い込まれることがある。オーガ故のアーマーの多さや、爆発を避けるために倒した後で一旦離脱しなければならないなど、思っている以上にタイムロスが大きい。

あまり自陣に近寄らせると、間一髪処理してもハーベスターが爆発に巻き込まれてしまう。設置しておいたタレットが、爆発で壊されることも多い。前後をニュークリアタイタンに挟まれ、味方がそれらを倒してしまうなど、突発的な事故でタイタンを失う原因でもある。

ニュークリアイジェクトを使って有無を言わさず破壊すれば、敵ニュークリアタイタンを爆発させずに処理できるので、後が無い状況では有効な手段になる。

アークタイタン

電気スモークのようなアークのフィールド常に展開しているストライダー。ロデオができず、近接攻撃も手痛いダメージを覚悟する必要がある。

ただ、所詮オートのストライダーなので、タイタン戦の戦闘力はそれ程でも無い。ただし、持っているアークキャノン改がまぐれ当たりすると、一気にシールドを削られるかもしれない。

こいつの持っているアークキャノン改は拾える。倒した後、消える前に回収しておくと、後々役に立つ。実質ボーナスタイタンかもしれない。

迫撃砲タイタン

最も厄介な、遠距離から四連ロケットを曲射してくるアトラス。放っておくと、ガシガシハーベスターの体力を削ってくる。

攻撃を受けると立ち上がり、前面にパーティクルウォールを展開してくる。まごまごしていると、他の追撃砲タイタンによってハーベスターが危機的状況に陥るため、迅速に処理する必要がある。電気スモークやクラスターを使うと、パーティクルウォールを無視してダメージが与えられるし、次の目標への移動時間が少しだけ稼げる。

スモークを持っていないため、R-97やLMGなら、ロデオでも十分対処可能。

何より真っ先に叩くべき敵だが、複数が同時に展開されることが殆どなので、ある程度役割分担を考えて叩く必要がある。事前に落下地点に移動しておく等、アピールしておくと多少はマシになるかもしれない。勿論、チームメイトが最低限状況判断ができることが前提条件だが……。

javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。