R-101C カービン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オールレンジで戦えるパイロットウェポンにして、本作最強のロングレンジ武器。 クレーバーは弾速が遅すぎるし、DMRよりTTKが良いという神性能。 パッチによって反動が増えたが、まだロングレンジ最強の座は揺るぎない。 近距離でもショットガンとR-97相手以外なら安定した性能を発揮できる。 ただし、腰だめの信頼性は紙くずなので、近距離でもADSしなければならない。

少しリロードが遅い。特に打ち切ったときには2.9sとかなり時間を要するため、打ち切らないようにリロードする必要がある。とくにU5パッチ以降では装弾数が減ったため、リロードキットが欲しくなる。それに準じてロデオ時の火力も絶望的に下がってしまった。

パッチ前のカービンはまさに凶悪そのもの。 殆ど無反動で装弾数30発。 近距離のTTKでSMGのR-97 コンパクトSMGを凌駕してた。

通常状態 サプレッサー 改武器
最大威力 50 49 67
最小威力 40 34 50
ロデオ 100
発射レート 810rpm
射程 26m
Min-TTK 0.222s 0.296s 0.148s
Max-TTK 0.296s 0.370s 0.222s

修正

P4

  • 反動増加
  • 装弾数減少(30>24)

カスタム

Mod

拡張マグ
安定装備。装弾数の減少によってかなり重要な装備になった。いや、前でも装弾数40発のために装備していたのだが。
サプレッサー
800rpmを超えるこの銃にとっては一発の増加など大した問題ではない。むしろ位置情報を隠すことで遭遇戦を減らし、腰だめの弱さをカバーするにも良いModといえる。ただし装弾数が減少したことによって、拡張マグの優先度が跳ね上がったため、相対的にこのModを付ける機会は減った。

バーンカード

カービン改
さらに致死弾数が一発減ったわけだが、低反動、高威力とまさに強武器と言った性能になっている。元々スナイパーライフルよりTTKが良かったが、遠距離四発になったせいで更に遠距離に強くなった。改武器系のバーンカードはチャレンジによって入手の機会も多いので、おしまず積極的に使っていきたい。

運用案

カービン(拡張マグ)、興奮剤、クイックリロード
ミニオンに発砲する機会の多い消耗戦など向き。クイックリロードキットで隙を消しているので、連戦にも若干強い。この武器はオールレンジに戦えるため、矢継ぎ早に発砲していることも多々ある。そういった理由でクイックリロードは最良の選択肢と言えるかもしれない。
カービン(拡張マグ)、興奮剤、パワーセル
対人よりのカスタム。興奮剤を多用する訳だが、連戦になると追い付かないため、結局リロードキットの方が安定することは多い。どちらかと言えば、移動にも興奮剤を使いたい広いマップや、オブジェクトルール向けのカスタムである。
カービン(サプレッサー)、クローク、クイックリロード
敵タイタンがうろうろしている時用。インファイトは苦手だが、中遠距離はその集弾性も相まって戦いやすい。
添付ファイル