トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オープン庭は、地面に雨水があり、浅いと、透明、きれいな空は雨の後に輝く.

暗い倉庫は、古い建物は、列車の車は濃い携帯ケース 手帳型黄色の地面に覆われ、未知のユニークなスタイルの前に、トラックに失速.エアWeilengは静かな、邪魔されずに美しさを描く.頑固にシンプル.しばらく滞在、この活気ある街、顔、騒々しい叫びと切ないになって.

時折出会い、Zhuzuの端に沈黙の中で独立した美しいこの木のような多くの人々は、その後左端、ミスを振り向い.その後のミスでは、と景観のサイレントメモリ、長い沈黙になる.

時間は思い出が逆に渡し、私は位置の乱れ、千鳥の位置は、時間に一度、同じシーンをため息立っていた.

浅い風が、ミスが停止することはできません、沈黙から、唯一の夜、暗闇や暗闇での夜間徐々に目に見えるので、寂しい、悲しいことは明白吹いていた.

私はまだ無知、秋が来る原因と一人で一日に集中する必要が.風が涼しさの微妙なヒントを来た、私は放浪の物語の中で落ち葉を読んで、風と共に去りぬ、遅く、愛がある.

彼は非常に忠実な、忠実なと思った、とだけ見つけることが、私は何もしていません.私は汚いとウェット、本当に愛を理解するが、後に、私はちょうど白紙の状態だったの実現、地面に落下すると思った.

自分の感情や物語を聞いて、別の都市で削除、彼らのスクリプトとゴージャスで、私は、適切な場所を探しています.人生の紆余曲折を持つこの素晴らしい人生のディレクター、私は自分の役割とよく遊ぶ - 「ポストマン」、「ドアマン」、「ポーター」と「バーテンダー」......

群衆の混雑した騒々しい喧騒にいるかどうか、または避難あればどこで、浅いマイクロ孤独な心の時代にさまよっている.

風景、今回は、米国と会ったと一致する、道を来て.

しかし、私はあなたが注視その瞬間で消費さだけ1章あなた未完成の詩、散乱悲しみよ.既視のその瞬間の中心部に埋もれへの長年の懸案会った、トランスは、あります.私は私の足は、粘性濃いスジ、あなたは混雑した場所に沈め把握とすぐに未完成のを期待して沈没感じたので、私は離れて静かな絵少し遅いフェードで、疲れた若者を見て、その後、未完成の残り旅は放浪を続け、ゼロ詩におけるブユ.

シャトル列車が彼らの荷物をドラッグし過ぎてスピードアップすると、つかの間の夢は涙の停滞で失わ.シーズンの年間流量傷害では、風が涼しい湿ったから吹いている.私は彼が非常に明るいと簡単で考え、その後、私は何もしていないことを発見.そして、それは忍耐がそれだけの価値はない、夜が明け、そしてこのことなく見逃してはならない、ただまだ独善的な主張たら私を笑って、マスクを泳ぐ.

ラウンド正方形、木製のベンチ、午後の太陽の下で四、五、明るく清潔.停滞目に群衆サイレンサー、まだら影、黄金の断片的なの土地の過去.地平線はまだ頑固に空白行、世界徐々に薄暗いが残るまで、私はあてもなくさまよって群衆に巻き込ま葉のドリフトのように、群衆に絞ら.それが遅いのミックスだし、急いで - 通りの喧騒で乾燥、見上げると前ネオンの夜を見た.

湾曲したバー、ビール、音楽、薄暗い狭い沸騰.華やかな青年退廃的退廃の狂気を破ってライトが点滅.ふけるように亡命中の生活でリラックス.タバコのポイント、サイレント欲望の上昇は遅く周りの風のこの少しを通じて、明確な醜いと酔って、私は荒涼とした人生を笑う.私は私の肉は硬い腕で賑わってスイング、ダンスフロアの中心に散歩を気にしない.机の下に、害を誤って参照してくださいその静かな目、亡命中の自分自身の若さ、その瞬間で、被災地の損失.

薄暗い光を通して、私はあなたが静かに振り返る見て、あなたが近くにあるが、未定になりたい.莫大なムードがありますが、あなたが戻ってしまっ検索.退屈は、ユビキタス、とても孤独未検出になる.あなたはその瞬間の線、あなたの声のような耳の上ありがとう、ブランド携帯ケース穏やかな夜風のフレーズ下位ワードを考える、私の心ひび割れ枯渇に触れた.ブランド携帯ケース過去に持っていたので、あなたは空をクリアすることができます.

フェードと呼ばれる、賑やかな夜、通り賑やかが、ちょうどカーニバルカーニバル、一人で孤独であるもの、一人だけ近いに来て.

時折出会い、Zhuzuは、その後左端、ミスを振り向い.その後のミスでは、と景観のサイレントメモリ、長い沈黙になる.

後半、風と共に去りぬの愛は、ある

 

http://nvcxadscd.exblog.jp
http://plaza.rakuten.co.jp/fvcsssc
http://yaplog.jp/fvcsssc
http://fvcsssc.lofter.com
http://ejydh1.mie1.net
http://fvcsssc.jugem.jp
http://maruta.be/fvcsssc
http://blog.livedoor.jp/fvcsssc/archives/1020909746.html