※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガレマール帝国軍 がれまーるていこくぐん / Imperial forces


ガレマール帝国」の正規軍。
「帝国」を称する国家としては「古代アラグ帝国」が存在するが、
単に「帝国軍」と表記された場合、「ガレマール帝国軍」を指すことが多い。

軍制

  • 帝国軍は「軍団(レギオ)」制を導入している。
  • 「軍団」は10の「歩兵大隊(コホルス)」で構成される。
    • 「歩兵大隊」は3つの「歩兵中隊(マニプルス)」で構成される。
      • 「歩兵中隊」は2つの「歩兵小隊(ケントゥリア)」で構成される。

軍団

少なくとも14の軍団が存在しているらしい。現在判明している軍団は以下のとおり。
軍団名 軍団長 概要
第VII軍団 ネール・ヴァン・ダーナス 東州戦線で活躍していた。後に西州戦線(エオルゼア侵攻軍)に加わった
第XIV軍団 ガイウス・ヴァン・バエサル エオルゼア侵攻軍の中核を成す軍団。アラミゴを陥落させた

役職

古代ローマ帝国の軍制に則った役職が用いられている。
FF14における役職(英語版表記) 概要 古代ローマ帝国における役割
軍団長:レガトゥス(Legatus) 軍団を指揮。ガイウスは属州総督を兼務 軍団を指揮。場合によっては属州総督を兼務
幕僚長(Tribunus laticlavius) ネロ・トル・スカエウァが該当 最高位のトリブヌス(幕僚)
分遣隊(Tribunus angusticlavius) リウィア・サス・ユニウスが該当 軍団の兵力の一部を分ける際の指揮権を持つ
陣営隊長(Praefectus Castrorum) リットアティン・サス・アルヴィナが該当。第XIV軍団の約半数を指揮 上級士官。幕僚長や分権隊長より階級は低いが、実戦では事実上の軍団長の副官となる
千人隊長(Pilus Prior) F.A.T.E.に登場するアウルス・レム・ヴルソが該当 上級中隊長的存在。コホルスの指揮を任された
プリミオルディネス(Primi Ordines) Iコホルス・プリミオルディネスとして登場 中隊長的存在。ベテラン百人長から選抜された
百人隊長:センチュリオン(Centurion) 小隊長的存在として、しばしば登場 小隊長的存在。ケントゥリアの指揮を任された
オプティオ(Optio) IVコホルス・オプティオとして登場 選抜兵