※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マムージャ族まむーじゃぞく / Mamool Ja


トカゲのような姿をした獣人種族。FF11からのゲスト出演枠。
ハイデリンにおいては、西方の新大陸出身とされ、エオルゼアに傭兵としての職を求めてやって来たことになっている。
海都「リムサ・ロミンサ」では、街中でもマムージャ族傭兵の姿を目にすることができる。
マムージャ族は、
西方の新大陸出身の屈強な民だ。
奴らの商品は己自身、つまり傭兵ということだ。

高地ラノシアなどで発生するF.A.T.E.では、コボルド族に雇われたマムージャ族傭兵団が目撃されているほか、
職にあぶれたマムージャ族傭兵団が盗賊に身をやつした事例も確認されている。

湯浴みの踊り

一部で密やかな人気を集めているF.A.T.E.悲運の傭兵「美男のブガージャ」では、
一族の伝統である「湯浴みの踊り」を巡る、黒渦団との押し問答を見ることができる。
過去に温泉で卑猥な踊りを踊ったため
出入り禁止になったマムージャ族を追い返せ
美男のブガージャを倒せ