※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サンシーカーさんしーかー / Seekers of the Sun


ミコッテ族の一部族。
自らを「太陽の使人」と称する部族で、太陽神アーゼマの信徒が多い。
エオルゼアにおける総人口は少ないが、「リムサ・ロミンサ」では一定数が他の民族に溶け込み暮らしている。
また、サゴリー砂漠などの辺境で暮らす氏族もいるようだ。

氏族

サンシーカー族には24の氏族が存在する。
第五霊災大氷雪時代」のこと。ミコッテたちは、獲物が少なくなった故郷を後にし、凍った海を渡ってエオルゼアへと渡って来た。
このとき渡来したサンシーカー26氏族は、偶然にもエオルゼア文字が26字あることを知る。
運命を感じた彼らは、それぞれの氏族が一文字ずつを個人名の前に頂くことにした。

アルファベット 発音 トーテム
A アンテロープ(Antelope)
B ボア(Boar)
C クァール(Coeurl)
D ドードー(Dodo)
E サラマンダー(Salamander)
F ベア(Bear)
G グリフォン(Gryphon)
H ギガントード(Gigantoad)
I バッファロー(Bufflalo)
J ジャ ジャッカル(Jackal)
K ヒッパリオン(Hipparion)
L ヴァイパー(Viper)
M マーモット(Marmot)
N アルドゴート(Aldgoat)
O モール(Mole)
P バジリスク(Basilisk)
Q プーク(Puk)
R ラプトル(Raptor)
S ズー(Zu)
T チャ コンドル(Condor)
U ドレイク(Drake)
V ヴァ ヴァルチャー(Vulture)
W ウルフ(Wolf)
X リンクス(Lynx)
Y ジャガー(Jaguar)
Z ジョ ジズ(Ziz)

つまりヤ・シュトラの場合、「ヤ氏族のシュトラさん」という意味になるという。

ヌンとティア

サンシーカー族の男性は、縄張りを持ち子孫を残す父親である「ヌン」と、縄張りを持たない自由人の「ティア」に大別される。
男性はすべて「ティア」として育てられ、以下の2つの方法を通じてのみ「ヌン」となれる。
1つ目は、既存の「ヌン」に1対1の戦いを挑み、勝利して縄張りを獲得する方法。
2つ目は、独力で新たな縄張りを獲得し、女性をめとって「ヌン」になるという方法。
野蛮に思えるかもこの風習は、強い種から強い子供を得るためのようだ。
なお、氏族によって差はあるものの、1人の「ヌン」に対して、10~50人ほどの女性が家族としてハーレムを築くという。
したがって、冒険者として気ままな暮らしをする者は、ほとんどの場合、「ティア」ということになる。

ちなみに、多数の女性と子供を育てるのに十分な縄張りがある場合、1つの部族に複数の「ヌン」がいる場合もあるらしい。
したがって、「ヌン」が必ずしも「リーダー」とは限らないようだ。

現時点で、こうした風習が確認できるのはウ族が棲む集落「忘れられたオアシス」である。
ウ・オド・ヌン」が「ヌン」として君臨する一方で、「ウ・チャカ・ティア」と「ウ・クバ・ティア」という2人の若者が挑戦権を争っている状況だ。