※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユヘルメリック


人物

イシュガルドデュランデル家に仕える騎士。
旧FF14時代に騎兵団の団長として登場したほか、蒼天のイシュガルドでは、
インスタンスダンジョン「ダスクヴィジル」にボスモンスターとして登場する。

経歴

ウィルドテオの息子として生まれる。
長じて騎士となった彼は、第六星暦末期(旧FF14時代)には、
デュランデル家の騎兵団の団長を任されるまでに成長する。

結婚したものの、ほぼ同時にダスクヴィジルの指揮官の任を拝命したため、
新妻を皇都に残し、任地に着任した。
その際、妻との愛の証として宝石「氷槍石」をイシュガルド教皇庁に奉納。
ダスクヴィジル内の聖ガンリオル礼拝堂にある戦神ハルオーネ像を飾っている。

なお、第七霊災は、砦の指揮官として迎えている。
この時、降り注ぐメテオの破片とバハムートの炎により、砦の防壁が崩壊。
多くの兵士が撤退を望む中、指揮官であった彼は、砦の死守という道を選ぶ。
最終的には、寒波の到来と食糧難によって、士気の低下した兵士による反乱が勃発。
鎮圧に成功したものの、食糧難から人肉食に手を染めてしまったようだ。
そして、死者のアンデッド化が始まり、最終的には自らもゾンビーと化してしまった。
この辺りの事情については、ダスクヴィジル内に落ちている「騎士の日記」に記されている。