※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パスカルレー・アールタイユ


人物

イシュガルドデュランデル家に仕える騎士。
ダスクヴィジル内に落ちている「騎士の日記」の著者。
第七霊災時に当地の防衛の任に就いていたが、寒波の到来と食糧難、
将兵の反乱などを経験し、最終的にはどうやら死亡したようだ。

旧FF14時代

旧FF14にも、イシュガルドの騎士として「パスカルレー」という人物が登場している。
この時もデュランデル家の騎兵団の一員であり、
ユヘルメリック」卿の部下であったため、同一人物であると思われる。