※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルガディン るがでぃん / Roegadyn


エオルゼアにおける代表的な種族のひとつ。
部族としては海洋民のゼーヴォルフ族と、山岳民のローエンガルデ族が存在する。
大柄で筋骨たくましい、がっしりとした体格の民族。
かつて北洋を荒らし回っていた海洋民の末裔であり、彼らの祖先の多くが、ロングシップを駆りエオルゼアへと渡ってきた。
蛮勇を競い合う風習を持つため、他民族からは野蛮だと思われがちだが、
情に厚く忠義を貫き通すことでも知られ、歴史的に偉大な武人を多く輩出してきた。

種族名の由来

「ルガディン」とは古ルガディン語で、「雨」を意味する「ルガン」と、「人」を意味する「ディン」の組合せたもので、「雨の民」という意味になる。
その名は、故郷である北洋諸島が雨や霧が多い土地であったことに由来するという。