※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼーメル要塞ぜーめるようさい / Dzemael Darkhold


クルザス中央高地の巨石の丘にある建造中の地下要塞。
イシュガルド四大名家のひとつゼーメル家が、
対竜要塞とするべく天然洞穴を利用して、工事を開始していた。
しかし、洞穴の奥底にて「動く石像(バトラール)」を発見。妖異が溢れ出し占領されてしまった。
ここ「ゼーメル要塞」は、
様々な妖異に占拠されてしまっているのであります。
噂では、動く石像まで現れたといいますが……。
~オフェリの台詞より

帝国軍による占領

イシュガルドのゼーメル伯爵家が天然の洞窟を利用しつつ、対ドラゴン戦用に構築を進めていた地下壕。彼の国から漏れてきた情報によれば、何処かの国が送り込んだ軍勢によって陥落させられたらしいが……。
~旧Lodestoneより
建設開始は第六星暦末期(旧FF14時代)に遡る。
建築工事中に妖異が現れたことで、一時的に工事が中断されていたところ、
ガレマール帝国軍の部隊が侵入、占拠されてしまった。
後にグランドカンパニーが派遣した冒険者部隊により奪還され、現在に至る。

掃討作戦 ゼーメル要塞

イシュガルドの名門、ゼーメル家が天然の洞窟を利用しつつ、対ドラゴン用に構築を進めていた地下要塞。だが、その内部に妖異が沸き出したことで工事は中断。さらにはガレマール帝国軍の潜入を許すなど、トラブルが相次いだのだった。
現在は、帝国軍の姿こそないものの、内部は妖異と魔物の巣窟と化している状況。工事の再開のため、洞窟内の掃討が求められている。