※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖トトル せいととる / St. Tothor


地神「ノフィカ」の聖人
ギルドリーヴリーヴプレート「勤勉」に描かれている聖人で、
「聖トトルのネズミ捕り(Saint Tothor the Ratcatcher)」という逸話が残されている。

聖トトルのネズミ捕り

実りの季節に襲来する森ネズミは、村の悩みの種。昼夜交代で畑を見張っても、素早いネズミを捕らえることはできなかった。働き者のトトルの見張りの番。彼は何を思ったか、自らの豆畑だけ柵を取り払い、水桶まで設置した。翌朝、無残に荒らされた彼の畑を見て村人はその愚かさを嘲笑った。しかし、その翌日。畑に現れたネズミはことごとく捕まっていた。よく見てみると豆をたらふく食べたネズミは、動くのすらままならぬ様子。手塩にかけて育てた畑をエサに村を救ったトトルは、その勤勉さを称えられ、後にノフィカの聖人に列せられた。
~『コネクト!オン』2011年5月号「ギルドリーヴプレート研究」より
添付ファイル