※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オーディン Odin


黒衣森で発生するF.A.T.E.にて出現する蛮神

黒衣森」を彷徨い歩く、古の蛮神。
いつ誰がこの世に呼び降ろしたのか、その真実を知る者はいない。
屈強な軍馬「スレイプニル」に跨がり森を闊歩するのは、倒すべき仇敵を求めてのことだと噂されるが……。

古の蛮神

古代アラグ帝国が隆盛を極めた第三星暦に記された聖典に、その存在が「悪神」として記されているという。
巨大な黒き獣に乗った、漆黒の亡霊騎士……。
これは、聖典において語られる伝説の悪神、
「オーディン」の描写と一致する。
~リュウィンの台詞より

より深い情報については、クエスト「悪神復活」においてオ・アパ・ペシが以下のように語っている。
聖典において語られる悪神「オーディン」とは、
全てを切り裂く魔剣の持ち主だ。
彼はその魔剣で、多くの民と聖女「ウルズ」を殺している。

だけど、それをアラグの英雄が打ち倒し、
森の泉に封じたとされているんだ。
……今までそれらは、おとぎ話だと考えられていた。

でも近年、アラグ帝国時代の遺跡が次々に発掘されて、
悪神「オーディン」の存在が真実味を帯びてきたんだ。
そんな中での亡霊騎士の目撃情報・・・・・・。

……聖典によれば、悪神「オーディン」は黒衣森の奥、
ウルズの泉で、クリスタルで厳重に覆われ、
封印されている、とある。

そして、たしかにあそこにはクリスタルがあるんだ・・・・・・。
冒険者さん、「ウルズの泉」に行って、
クリスタルに異常がないか、確認してきてもらえないかな?

冒険者がウルズの泉を調べると、そこには「切断された封印石」が遺されている。
これを回収して、オ・アパ・ペシに渡すと、以下のような台詞を聞くことが出来る。

……かすかに魔力の名残を感じる……封印石かな?
それにしても、恐ろしいほど滑らかな切断面だね。
聖典に記された「魔剣」の力に違いないよ。

噂の亡霊騎士は、間違いなく悪神「オーディン」だろう。
しかし、封印を解かれたというのに、なぜ森に留まっている?

ここで言う「魔剣」とは、「斬鉄剣」のこととみて間違いないだろう。
なお、実際のF.A.T.E.では、オーディンが以下のような台詞を発言することがある。

…ウルズよ…いずこに…

…ウルズよ…そなたの元へ…

…ウルズよ…今度こそ…

上記の言葉から察するに、アラグ帝国の歴史では「悪神」とされ、「聖女ウルズを殺した」とされているオーディンだが、
実際には「ウルズを探し求めて」いるようであり、聖典の記述が必ずしも正しくない可能性がある。
クリスタルタワーがらみのクエストでも明らかなように、アラグ帝国は他大陸に侵略戦争をしかけたり、
英雄ティターンをリーダーとする民衆の反乱がおきたりと、その治世は決して穏やかではなかったようだ。
想像に過ぎないが、オーディンもまたアラグの圧政に対抗しようとしていた存在なのかもしれない。