※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蛮神 ばんしん / Primal


蛮族が呼び降ろした異形の存在。
かつてエオルゼアでは、「荒神(あらがみ)」とも呼ばれていた。

召喚方法

蛮神を召喚する行為を、「神降ろし」と呼ぶ。
その方法は、闇の使徒「アシエン」によって、各蛮族に伝授されているようだ。
蛮神を召喚するためには、信者の祈りとクリスタルの力が必要とされており、
信者の願いが強いほど、また捧げられるクリスタルの量が強いほど、強力な神を降ろせるという。
そのため、召喚時に生け贄を捧げ、死の間際の狂おしいほどの願いの力を利用し、
強力な蛮神を召喚するという手法(極蛮神)も用いられているようだ。

蛮神の一覧

二つ名 名称 英名 備考
焔神 イフリート Ifrit アマルジャ族が召喚した炎の神
岩神 タイタン Titan コボルド族が召喚した岩の神。温厚だが怒ると恐ろしい
嵐神 ガルーダ Garuda イクサル族が召喚した嵐の神。残忍で犠牲を求めるタイプ
水神 リヴァイアサン Leviathan サハギン族が召喚した水の神
雷神 ラムウ Ramuh シルフ族が召喚した雷の神。調停者としての性格を持つ
善王 モグル・モグXII世 Good King Moggle Mog XII モーグリ族が召喚した伝説の王。正確には神ではなく、伝承上の王とされる
氷神 シヴァ Shiva イゼルら異端者勢力が召喚した氷の神。召喚者であるイゼルの身体に、伝説の聖女の魂を憑依させた存在
不死鳥 フェニックス Phoenix ルイゾワの身体に、再生を願う人々の願いの力で、伝説の不死鳥が降臨した存在。半蛮神とも
雲神 ビスマルク Bismarck バヌバヌ族が召喚した雲の神? 蒼天のイシュガルドにて登場予定
武神 ラーヴァナ Ravana グナース族が召喚した武の神? 蒼天のイシュガルドにて登場予定
闘士 オーディン Odin 召喚者は不明。古代アラグ帝国の聖典によれば、聖女ウルズを殺害した悪神とされる
龍神 バハムート Bahamut 南方大陸メラシディアドラゴン族が召喚した神。長らく月の衛星ダラガブに封じられていた
魔神 ベリアス Belias 召喚者は不明。古代アラグ帝国時代に召喚されたと思われる「豪炎の魔神」