※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルテマウェポン Ultima Weapon


古代アラグ帝国が開発した対蛮神兵器。
また、それを第七霊災後に発掘したガレマール帝国軍が修復して使用したもの。

経緯

第七霊災に前後して、アラミゴの古代アラグ帝国時代の遺跡から発掘された。
これを手にした帝国軍第XIV軍団の軍団長、ガイウス・ヴァン・バエサルは、
部下の機工師であるネロ・トル・スカエウァに命じて修復させ、エオルゼア侵攻の切り札として利用した。
なお、この間にアシエンによる何らかの手引きがあったものと思われるが、詳細は不明である。

スペック

獣のような四本の脚を有する下半身に、人型の上半身を取り付けた人馬のような形体をしている。
後にガルーダを吸収することで翼を得たことで、滑空飛行能力を得た。
なお、首筋にあるハッチを開くことで、搭乗員が乗り込むことができ、
マーチ・オブ・アルコンズの最終決戦時には、ガイウスの操作により実戦投入されている。
ただし、この「有人兵器」である点が、オリジナルの仕様なのかネロによる改修の結果なのかは不明。

蛮神吸収能力

対蛮神兵器として作られたアルテマウェポンには、蛮神の力を吸収するという機能が盛り込まれている。
イフリートタイタンガルーダの三体を同時に相手取り、その全てを吸収するという活躍を見せている。
その結果として、高い攻撃力、防御力、そして翼による飛行能力を得た。

コアと古代魔法「アルテマ」

胸部に「黒聖石サビク」と呼ばれる、謎めいた物体を備えており、これをコアとして用いている。
アシエン・ラハブレアによれば、「古代アラグ帝国の超文明ですら、その表層しか解明できなかった」という代物であり、
その内部には古代魔法「アルテマ」の力が秘められていた。