※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベラフディア べらふでぃあ / Belah'dia


かつてザナラーン地方に存在していた都市国家。
太陽と審理を司る女神アーゼマを守護神として崇めていた。
都市国家勃興期に含まれる約800年前(第六星暦750年頃)、
魔大戦を生き延び、ザナラーンに落ち延びていた魔道士たちの末裔によって興された。
だが、双子の王子の間で勃発した王位継承を巡る対立により、
ウルダハ」と「シラディハ」というふたつの都市に分裂することになる。
ウルダハ建国が約600年前とされるため、ベラフディアの滅亡もこの頃のことだろうと推測される。

人種

少なくとも王族はララフェル族であったようだ。
だが、エリー・サリー姉妹が「ベラフディアの貴族の末裔」を名乗っている点を考えると、
ヒューラン族も一定数含まれる都市であった可能性が高い。

技術

第五星暦時代に黒魔法を用いた一族の流れをくんでいるらしく、禁忌の魔法を継承していたらしい。
また、遺跡からは「ベラフディアンガラス」と呼ばれる硝子が発掘されている。

関連する遺跡

ザナラーン各地に遺跡が点在しており、その支配地域が広範に及んでいたことが解る。
カルン埋没寺院 南ザナラーン アーゼマを祀る神殿
ハイブリッジの遺跡 東ザナラーン ベラフディア後期ララフトIV世の墓
見えざる都 東ザナラーン 詳細不明
物言わぬ王 西ザナラーン ワインボードの謎にて登場する

人物

ベラフディア王朝に関連すると思われる人名の一覧。
タタメフII世 カルン埋没寺院に「タタメフII世の祈祷所」が存在する
ララフトI世 カルン埋没寺院に「ララフトI世の中庭」が存在する
ララフトIII世 カルン埋没寺院に「ララフトIII世の中庭」が存在する。
ワインボードの謎により、彼の生き様の一端を垣間見ることができる
メメト女王 カルン埋没寺院に「メメト女王の祈祷所」が存在する。
ワインボードの謎により、彼女の生き様の一端を垣間見ることができる
ララフトIV世 カルン埋没寺院に「ララフトIV世の地下神殿」が存在する。
ベラフディア後期の人物で、ハイブリッジから見える遺跡は彼の墓らしい