※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アリゼー・ルヴェユール Alisaie Leveilleur


暁の血盟」に属すエレゼン族の少女。新生時点で16歳。
学術都市「シャーレアン」の哲学者議会の有力議員、フルシュノ・ルヴェユールの娘。
祖父に賢人ルイゾワ、双子の兄にアルフィノを持つ。
黒渦団双蛇党など各都市のグランドカンパニーに、手の者を潜り込ませるなど、独自の諜報網を持っている。

経歴

エオルゼアの低地ドラヴァニア地方に存在していた植民都市で生まれる。
翌年、第六星暦1562年、「大撤収」に伴い1歳だった彼女は父親に連れられて、北洋諸島の本国へと移住。
知の都と称されるシャーレアンにおいて「神童」と称されるほど賢い子どもだった、アルフィノ・アリゼー兄妹は、若干11歳にして「シャーレアン魔法大学」に入学。
この時、祖父ルイゾワより二冊一対の魔道書を託されている。
第六星暦1572年、第七霊災を引き起こした月の衛星「ダラガブ」の落下を、魔法大学付属の天文台より目撃。
その5年後に、エオルゼア救済という祖父の遺志を継ぐために、エオルゼアへと旅立った。

兄との決別

兄アルフィノと共に、各都市のグランドカンパニー盟主による第七霊災の追悼演説を聴いて回るが、
霊災と新生の真相を調べようともしない態度に激高。
兄と決別して、独自に「第七霊災の真相」を調べるために行動を開始する。
これが大迷宮バハムート関連のコンテンツのストーリーラインとなる。
なお、アルフィノが好んで用いる政治的手法を好まない、という特徴もある。
添付ファイル