※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ササガンI世Sasagan Ul Sisigan


砂の都「ウルダハ」の初代王。
後に続くウル朝を築いた偉大なる人物。
約600年前にウルダハを建国し、その際に「偉大なる三騎士」を中核に近衛兵団「銀冑団」を組織したと伝えられる。

双子のベラフディア王子

ウルダハの母体となった古代都市「ベラフディア」は、
双子の王子による王位継承争いに端を発する内戦により、ウルダハとシラディハに分裂したとされる。
この双子の王子の片割れが、ササガンI世であった可能性が極めて高い。

名前

日本語では「ササガンI世」もしくは「ササガン」として表記されているが、
英語版では「Sasagan Ul Sisigan」とされており、フルネームが「ササガン・ウル・シシガン」であることが解る。
また、彼の子孫と思われる「ササガン・ウル・シシガンIII世」という人名が明らかになっていることから、
その法則を用いて「ササガン・ウル・シシガンI世」とするのが正しい表記と思われる。