※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シャーレアン しゃーれあん / Sharlayan


エオルゼア六大都市のひとつに数えられる学術都市。
河川と知識を司る男神サリャクを守護神とし、知の都とも称される。
アルデナード小大陸の北西部に位置するドラヴァニアに存在する。
ルイゾワ・ルヴェユールら、救世詩盟の出身地としても知られる。

殖民都市としてのシャーレアン

シャーレアンには、北洋諸島に本国が存在する。
第六星暦1300年~1500年頃の「都市国家成熟期」のいずれかの時期に、
エオルゼアへと進出してきた北洋諸島の人々が築いた殖民都市が、ドラヴァニアのシャーレアンである。
ただし、第六星暦1562年、フルシュノ派の議員たちが行ったガレマール帝国との和平交渉が決裂したことを受けて、
殖民都市の放棄を決定。5年の準備期間を経て、第六星暦1562年に全住民を本国に撤退させる「大撤収」を敢行した。
これにより低地ドラヴァニア地方に存在した殖民都市シャーレアンは、一夜にしてもぬけの殻になったという。
そのため「失われた都」などと呼ばれることがあり、現在は廃墟と化しているものと思われる。

政治形態

「哲学者議会」に属する議員たちによって、政が行われているようだ。
なお、その有力議員のひとりがアルフィノアリゼー兄妹の父親でもあるフルシュノであるという。

技術

魔法やエーテル学、占星術などに優れていたらしい。
現在の「エーテライト」も、シャーレアンの技術提供により構築されたようだ。