※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィルガイス Fyrgeiss


アマジナ鉱山協会の総裁にして、砂の都「ウルダハ」を導く「砂蠍衆」のひとり。
中年のルガディン族の男性。

名前の由来

その名はゼーヴォルフ風の古ルガディン語に由来するもの。
「火」を意味する「Fyr」に、「幽霊」を意味する「geiss」を足したもので「火の幽霊」といった意味となる。
しかし、彼自身の部族はローエンガルデ族のようだ。

武闘派としての側面

砂蠍衆では共和派に属し、中でも随一の武闘派の呼び声が高く、自前の自警組織「鉄灯団」を組織するほど。
そのため共和派でありながら、王党派ラウバーンが提唱したグランドカンパニー不滅隊」の設立には積極的に賛同の意を示した。
ロロリトテレジ・アデレジのように権謀術策を張り巡らせるタイプではなく、ストレートなタイプなのだろう。