※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カッパーベル銅山Copperbell Mines


西ザナラーンホライズン・エッジにある銅山。
アマジナ鉱山社が所有、運営している。

歴史

約300年前にソーン朝ウルダハ時代に、王家によって銅山として開かれた。
その際、巨人族(支配者階級のギガース族)から奴隷階級の「ヘカトンケイレス族」を購入し、
呪術を込めた金属兜をかぶせることで、怪力の鉱夫として働かせていたという。
しかし、呪術が不完全だったのか、ヘカトンケイレス族による反乱が発生。
当時のウルダハ人は、岩盤を崩落させることでヘカトンケイレス族を最下層に封じ込めることで事なきを得た。
以後、「鉱脈が尽きた」として銅山は閉山され、長き時が過ぎ、奴隷反乱は忘れ去られることとなる。
しかし、第七霊災に前後して、王家より採掘権を入手したアマジナ鉱山社により、最新の採掘技術による再開発計画が立ち上がる。
特に第七霊災以後、復興特需により鉱石需要が高まったことを受け、再開発が本格化。
その際、最下層の岩盤を掘り抜いたところ、忘れ去られていたヘカトンケイレス族が現れ、
300年越しの反乱がはじまることとなった。

採掘

「銅山」の名の通り、銅鉱を産する。
また、「ナナシャマラカイト」と呼ばれる、美しいマラカイトが採れることでも知られている。

封鎖坑道 カッパーベル銅山

鉱脈が枯れたことで300年前に放棄された銅山。その採掘権を得た「アマジナ鉱山社」は、最新の採掘技術を用いて再開発に着手した。
しかし、最深部の岩盤を爆破したとき、その内部から巨人族が出現。採掘師たちに襲いかかったのだった。襲撃者の正体は、ソーン朝ウルダハ時代に奴隷種族として使役され、反乱を起こしたため地下に封じられた「ヘカトンケイレス族」。自由と復讐を求めて暴れる巨人族を鎮圧せよ。

騒乱黄道 カッパーベル銅山

冒険者の活躍により、ヘカトンケイレス族の排除に成功したことで、カッパーベル銅山の封鎖は解かれた。かくして、アマジナ鉱山社は再開発に向け、>先行調査のために採掘師の一団を送り込む。だが、彼らが坑道の奥で見たのは、深層から這い出してきたヘカトンケイレス族の生き残りの姿だった。
再び坑道内で発生した騒乱を鎮めるため、腕利きの冒険者が送り込まれることになる。