※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バジリスク Basilisk


衆生門甲鱗綱に属す大蜥蜴。
主にザナラーンに生息する。
アルデナード大陸各地に生息する大トカゲ。
縄張り意識が強く、侵入者には小動物でさえ全力で襲いかかる。
その巨体と獰猛さ故に、『聖ダナフェンのバジリスク退治』をはじめ、悪の化身としてモチーフにした宗教画は多い。
~『エオルゼア通信 Vol.1』より

亜種

亜種として、頭部のトゲが少ないペイストが存在する。

利用

バジリスクの卵は、殻が固いのか「卵砥石」の材料として有名。
どうやら岩場に産卵するらしく、北ザナラーンでは岩場で採れることも。

出典

ヨーロッパに伝わる伝説上の生物。その名は「小さな王」を意味し、毒蛇の王と位置付けられている。
ただし、その姿につては蛇やトカゲのようなものから、鶏のような身体をもつものまで様々。
FF14では、FF11のものを踏襲してトカゲ状のデザインで登場している。
FFシリーズとしては、FF1から登場する古参モンスターであり、総じて「石化」に関連した能力を持つことが多い。
その他の同系統モンスターの由来は、以下のとおり。
名称 英名 出現 由来
クイックサンド・バジリスク Quicksand Basilisk カッターズクライ 「流砂のバジリスク」の意
スケールイーター Scale Eater ギルドリーヴ賞金首 「鱗食い」の意
添付ファイル