※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ノフィカの井戸のふぃかのいど / Nophica's Wells


西ザナラーン金槌台地ホライズン・エッジの間を分断する渓谷。
乾燥地帯であるザナラーンにしては珍しく、川が流れており貴重な水源地となっている。
どうやら、この地を開墾しようという計画もあるようだ。

名前の由来

エオルゼア十二神の一柱、豊穣の女神「ノフィカ」より。
なお、詳細な由来については、公式フォーラムにて世界設定チームより、以下のような回答が提示されている。
ザナラーンという乾燥した地域に、忽然と水が湧き出る土地があったことから昔の人々が、「豊穣の女神ノフィカ様が、作物を実らせるために井戸を作ってくれたに違いない!」といった感覚で名付けたのが、例の地名になります。