※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神勇隊しんゆうたい / the Gods' Quiver


森の都「グリダニア」において、鬼哭隊と双璧を成すレンジャー部隊。
かつては独立した組織であったが、第七霊災後の組織再編により、
組織図的にはグランドカンパニー双蛇党」の指揮下に組み込まれているようだ。
主に「森の外側から来たる脅威」に対抗するための組織とされ、都市や各集落、施設の警備に加え、
外部から黒衣森に侵入する脅威、つまりイクサル族ガレマール帝国軍などの対策を任務とする。

弓術

基本的に神勇隊の隊士は、弓を装備している。
そのため「弓術士ギルド」とも関係が深く、「神勇隊指令砦」内にギルドの道場を置いているほどだ。

組織

総隊長はリュウィン。
その下に「X師団」と名の付く部隊が存在している。
現在、判明している師団名はすべて黄道十二宮にちなんだものであり、おそらく十二個師団が存在するものと思われる。
白羊師団 対イクサル族特務戦闘部隊。ユージニア監視哨に駐屯。師団長はミア・モルコット
人馬師団 バノック練兵所にて、双蛇党「白狼隊」の訓練を担当。師団長はガルフリッド
金牛師団 かつてアマリセ師団長が在籍していた部隊。旧FF14時代に登場
乙女師団 師団長はグ・パキバ・ドラ。旧FF14時代に登場
巨蟹師団 副師団長はコイルド・サーペント。旧FF14時代に登場

歴史的人物

人名 備考
アマリセ 霊災前の時点で、金牛師団の師団長を務めていた人物。アマリセ監視哨の名前に用いられていることから、戦死したものと思われる
ギルバート 初代「強弓」。グリダニア建国初期に活躍した人物