※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イソム・ハーの穴蔵 いそむはーのあなぐら / Issom-Har


黒衣森:南部森林のアッパーパスにある地下都市「ゲルモラ」時代の遺跡。
第七霊災の際に「空から大きな岩が落ちて」きたために、地面にぽっかりと大穴が空き、その下から遺跡が発見された。
ゲルモラ時代の古銭(銅貨)や食器と思われる土器などが見つかっており、住居跡だと考えられている。
シェーダー族の「イリエル」と「ロランデ」の姉弟が調査を行っているが、
彼らは、定住地を持たない同族のための住居として、遺跡を再興させようとしているようだ。

「イソム・ハーの穴蔵」の下には、地下都市ゲルモラ時代の遺跡が眠っているんだ。そして、その周辺の木の根元を調べると、時折、ゲルモラ時代の古銭なんかが、埋まっていたりする。手斧を振るって探してみてくれ。
~「ギルドリーヴ」より
添付ファイル