※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ワインボードの謎 Winebaud's Riddles


探検家「ワインボード」が残したとされる秘宝を巡るクエスト。
不滅隊の冒険者部隊に所属していたという熟練冒険者、ヴァリアント・ハートと共に、
100億ギルは下らないとされる「伝説の秘宝」を求めて、謎を解き続けることになる。

伝説の秘宝【ネタバレ】

数々の謎を解いて回り、最終的に行き着くのはスタート地点でもある物言わぬ王の石像の裏手。
その内部の空洞に収められていた古代の石版を入手する。
この石版は、700年前のベラフディア王、ララフトIII世が記したもので、以下のような内容であった。
「たとえ国が傾こうと、この想いは変わらない。
 四海を統べる権勢を手にしようと、君なき世は虚ろ。
 王座は冷たく、王笏は重く、王冠は茨の棘……」
ヴァリアント・ハートによる解説は、以下のとおり。
……なんだこりゃ?
ずいぶんと古めかしくて……ロマンチックじゃねぇか……。
こりゃ、まるで……恋文?

も、もしかして……こいつは……700年前、
ララフトIII世が書いた……恋文なのか?
もしかして「伝説の秘宝」って、コイツのことだったのかっ!?

……ベラフディア王ララフトIII世ってのはな、
ある日、突然に姿をくらましたことで有名なんだ。
そして、空いた玉座は、妻である王妃メメトの物となった……。

この王位の継承劇は、あまりにも唐突だったので、
暗殺だなんだと騒がれ、メメト女王は疑われていたらしい。

だが、こいつを読む限り……王の失踪は暗殺じゃなく、
恋人との駆け落ちだったってことだ。
これじゃあ、捨てられたメメト女王も多くは語れまいよ!

確かにこいつは、王権を揺るがすスキャンダルの証拠!
この恋文を利用すりゃ、出世も報酬も思いのままだろうさ。
……でも、そりゃ700年前の話だ。

今じゃ、1ギルの価値もねぇ、ただの駄文……。
あ~、まさか大昔の色恋沙汰に付き合うはめになるとはなぁ。
チクショウ、こんなことだろうと思ったぜ!

……ん? 恋文の最後に、新しい文字が書かれてるな。
どれどれ……。

「真の叡智と栄光は、それに挑む者の心の中に」

                探検家 ワインボード

くっそうううう! ワインボードめっ!
上手くまとめたつもりかよっ!

やっぱりあのジジイ、噂どおりのインチキ野郎だっ!
何が探検家だっ! 単なるナゾナゾ大好きジジイじゃねぇかっ!
許さねぇ! 許さねぇからなああああっ!!

ララフトIII世とメメト女王

これらの名前は、カルン埋没寺院の地名にも用いられている。
ダンジョン最深部にほど近い場所に「ララフトIII世の中庭」があり、
その奥の隠し扉の先に「メメト女王の祈祷所」がある。
メメトが隠れて祈りを捧げたのが、行方不明になったララフトIII世の無事であったとするならば、
なんとも切ない話である。