※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅血聖女団 the Sanguine Sirens


リムサ・ロミンサ」における三大海賊のひとつ。
構成員の大部分が女性という珍しい特徴を持つ。
保有艦艇は快速船主体であり、長期航海は不得意とする。
そのため、「ガラディオン協定」への参加の見返りとして私掠船免許を得たものの、
ガレマール帝国」の海域まで遠征することが出来ず、収益が伸び悩んでいるようだ。
今後はエオルゼア内に現われる帝国軍の補給船狙いに切り替える方針だという。

頭目

現在の頭領は、ローズウェン
「古き良き海賊」を標榜としており、本来であれば無差別な海賊行為を行いたいようだ。

永遠の乙女亭

「紅血聖女団」の構成員がたむろする酒場。

対立関係

同じく三大海賊である「百鬼夜行」とは犬猿の仲とされる。