※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガラディオン協定 the Galadion Accord

第六星暦1572年に、リムサ・ロミンサメルウィブ提督と海賊諸派の間で締結された協定。
迫るガレマール帝国軍の脅威に対抗するため、海賊諸派に対してグランドカンパニー黒渦団」への協力を求めるもの。
結果として海賊勢力から供出された戦力により、黒渦団内部に「打撃艦隊」と呼ばれる海賊部隊が編成された。

調印式

「ガラディオン協定」の調印式は、エールポートで行われた。
署名を行ったのは、メルウィブ提督と海賊諸派代表として「断罪党」の頭目ヒルフィル
ただし、一時的に黒渦団に従う姿勢を見せていた海賊「餓犬一家」が裏切り、帝国側に情報をリークしたため、
「魔導ヴァンガード」の襲撃を受け、調印式は取りやめとなってしまった。

名称について

「ガラディオン」は、リムサ・ロミンサの母体となった伝説の建国船「ガラディオン号」を示す。