※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オーガ Ogre


超常門妖異綱に属す、人喰い鬼。
主にモードゥナクルザス地方に生息するほか、
上位の妖異や人によって操られ、使役されることもある。
頭部に角を有するが、個体(もしくは部族)によってその大きさは異なるようだ。
山岳地帯に出没する穴居性の人喰い鬼。
外見は巨人のようだが、吠え声しか発せず、道具作りもしないため、知能は低いと目される。
獰猛だが、その角が錬金術師に珍重されるため、命を省みずに挑む冒険者が後を絶たない。
~『エオルゼア通信 Vol.1』より

山岳地帯に出没する獰猛な巨人。
部族毎に穴居生活を営むが、知能は低く、吠え声のような数種の言葉を話すだけで、道具も作り出せない。
~旧公式プロモサイトより

出典

「オーガ(Oger)」とは、様々な伝承や神話に登場する「鬼」のような存在のこと。
その他の同系統モンスターの由来は、以下のとおり。
名称 英名 出現 由来
レッドホーン・オーガ Redhorn Ogre クルザス 「赤い角のオーガ」の意。
関連F.A.T.E.の説明では、『「動く要塞」の異名で知られる大型妖異』と説明されている。
これはゾイドシリーズのメカ「レッドホーン」のキャッチコピーに由来するものと思われる
ハパリット Hapalit モードゥナ 「ハパリット(Hapalit)」は、聖書やラビの文書に登場する巨人。
「脱走者」を意味し、ノアの洪水を生き延びたことからそう呼ばれる
ファウルリバー・ハパリット Foul River Hapalit ギルドリーヴ 「不潔な川のオーガ」の意
ヴォイド・スレイヴ Void Slave ギルドリーヴ 「ヴォイドの奴隷」の意
スパインスナップ・オーガ Spinesnap Ogre ギルドリーヴ 「背骨折りのオーガ」の意
スカジ Skadi ギルドリーヴ賞金首 「スカジ(Skadi)」は、北欧神話に登場する女巨人
ヘッドリップ・オーガ Headrip Ogre カンパニーリーヴ 「頭を引き裂くオーガ」の意
ラースフル・オーガ Wrathful Ogre カンパニーリーヴ 「怒れるオーガ」の意
エルダー・ハパリット Elder Hapalit サブクエスト 「長寿のハパリット」の意
マトンマウ・オーガ Muttonmaw Ogre サブクエスト 「Mutton」は「羊肉」、「Maw」は「がつがつした人の胃袋」を意味する。
「羊肉食いのオーガ」といったところか
獣闘士 タンガタ Tangata ハラタリ修練所ボス イースター島の神話に「タンガタ・マヌ(Tangata Manu)」という鳥人が存在する
タウラード Taulurd ゼーメル要塞 「タウラード(Taulurd)」は、アーサー王伝説に登場する巨人
ディープヴォイド・スレイヴ Deepvoid Slave ゼーメル要塞 「深きヴォイドの奴隷」の意
御用邸の彫像 Manor Warden ハウケタ御用邸(ハード) 御用邸の調度品に妖異が宿ったものだろうか
ガルガメル Gargamelle クルザスのF.A.T.E. 「ガルガメル(Gargamelle)」は、フランスの古典文学に登場する女巨人
ポリュス Porus モードゥナのF.A.T.E. 「ポリュス(Porus)」は、フランスの古典文学に登場する巨人
添付ファイル